コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハーレムエース2』vol.4  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール なし
機種名 ハーレムエース2
投資 ゲーム数 ボーナス
3K72REG:単独
8REG:単独
27白BIG:単独
220赤BIG:スイカ
158赤BIG:強チェ
121REG:強チェ
79赤BIG:スイカ
18青BIG:単独
88青BIG:スイカ
249白BIG:強チェ
74台移動(1156枚)
8K281REG:スイカ
6K311REG:弱チェ
77青BIG:スイカ
2青BIG:単独
13赤BIG:単独
218赤BIG:特リプ
156REG:単独
92REG:強チェ
64REG:スイカ
137REG:スイカ
530青BIG:スイカ
408ヤメ(0枚)
1台目
総ゲーム数:1114G
ベル確率:1/9.00
2台目
総ゲーム数:2289G
ベル確率:1/6.87
総投資額 17000円
総獲得枚数 1156枚
換金額 23000円
収支 6000円

今回は夕方からの実戦

そんなパンダな機種とは無縁の『ハーレムエース2』。過去3回のデータはいずれも朝から打ったものだったり。どうしても、ミッションクリアも考慮すると朝から打ってしまうことが多いもんでして。ボーナス主体型なので時間の少ない時にも打てる機種なのでいずれは……と思っていたら、ようやく語ることのあるデータが取れました。

突発的な全館イベントをやっているホールに到着したのは17時。1台は稼働しており、残りは空き台。その中で打ってみて良さそうだったのは約1300GでBIG5回REG4回の台のみ。後はほぼ朝イチ状態で放置されていたので、手を出すのは難しい状況でした。

ここのこういうパターンのイベントは、隠れ全台高設定・隠れ半分高設定が主流。それを残り時間が少なくなってから発表していくことが多いです。なので、多台数のところよりも少台数のところのほうがチャンスあり。しかも、旬を越していない機種という条件にも合致しています。正直なところ、もうちょっと稼働してると思ったわけですが。

これは一発ツモもあり得る? これがダメなら諦めて天井保険付きの台探しの旅にでも出ますか。なんて気分で着席。ダメだと思った段階から高設定を探すのもアリなんですが、このシマが全ハズレの可能性だって否定できませんし。

打ち始めたら、すぐさま当たってくれるわけです。ただ、何かが違う。最初こそ1枚or単独のREGが連発して良い雰囲気でしたが、そこから先のREGは強チェリーとの同時当選1回のみ(おそらく全設定共通)。スイカ+REGが挟まっていればまだ様子を見たいところですが……。とまあ、逃げ出したくなるようなベル確率だったんですよ。ジャスト1/9とか(笑)。

そもそも1200G弱の時点での見切りなのでアテにはならないんですが、せめて1/8.3くらい(これでも設定1以下)には落ち着いてくれないと夢も希望もございません。なんてところで、それほど稼働していなかった台が動き出しました。そのうち、1台がスイカ+REGの3連続で投げられまして。こういうの、さりげなくチェックしておくもんです。

もちろんのこと、台移動です。「このシマが全ハズレの可能性だって否定できない」と書いたんですが、1000枚以上の浮きがある段階。もう1台くらい様子を見てもバチは当たりません。

設定5以上は負けデータばかり

ええ、バチは当たりませんでした。台移動した直後に半分高設定ジマの発表があり、見事に『ハーレム2』に札が刺さりましたとも。移動先の台のベル確率は、約2300Gで1/6.87と設定6を上回る数値になってくれましたし。しかし、ボーナスは合計でたったの11回(BIG5回REG6回)と、まったく当たりませんでした(笑)。

立ち回り的には大正解だったので悔いはありませんが……とにもかくにも『ハーレム2』の設定5以上と相性が悪すぎ。確信できるデータは3本目なんですが、いずれも惨敗となっております。その分、今回最初に打った台のように、むしろ低設定を打ってるほうが、当たってても早逃げをするから収支が良くなるという状況です。それもまた『ハーレム2』の魅力と言えばそうなんですが。

こんな感じで、現実的にヒケたりヒケなかったりするのを楽しむというか。悔しがるのもパチスロ独特の楽しさかと。ジャグ系にも言えることですが。これに目押しという技術介入。液晶演出でのプレミアムやアツいパターンでハズれたりする意外性が加わっているから、ついつい打ってしまうんですよ。別にいけないことでもないですけど(笑)。


そうそうプレミアムといえば。前にも写真を掲載したプールにイチゴが落下する演出。ナビキャラとは関係なく落下してくるのはイチゴということが判明しました。今回は液晶に寄って撮影できたので前より見やすいかも。

ちなみに、ナビキャラはシャルロットにしていました。シャルロットは、他のキャラよりもガセの連続演出に行くことが少ないように感じたので、普通の小役ナビモードでもまだニギヤカ。でも、チバリヨやイケイケは寂しすぎるという人にオススメかも。キャラによって連続演出の発生頻度が異なるのは初代譲りなのかもしれませんね。


ということで、勝ったのに負けた気しかしない夕方実戦の模様をお届けしました(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る