コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

お客さまがホールを育て、淘汰する・・・  
 

実戦データ
店舗名 ---
換金率 ---
遊技ルール ---
機種名 ---
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額 ---
総獲得枚数 ---
換金額 ---
収支 ---

地方で目にした光景は……

とはいえ立派な(?)社会人。仕事をほっぽり出して稼働にいそしむわけにはいかないですし、何よりもお仕事をいただけることは嬉しいこと。ですからもちろん当然の仕事優先ですが、その仕事中にもパチスロを打つ感覚だけは忘れないように、イベントの時も撮影の時も、とにかく「打ち手目線」でホールを見るようにしています。

そんな中、先日(というか昨日ですが)地方へロケに行ったときのこと。
前乗りで行って、その日はゆっくりとホテルで就寝、次の日に朝早くから収録……というスケジュールだったため、夕方過ぎから市街地にあるホールを数軒回ってみたんですよね。
まぁ場所柄ということもあり客付きはボチボチ良く、スランプグラフなどを見てもノーマルタイプ系はすこぶる稼働も良かったものですから、ちょっと意地の悪いことに「ジャグ」系のボーナス合算をザッと暗算で計算してみたんですよ。

すると……まぁ大変(汗)。あり得ないくらいの平均設定の低さがにじみ出てきたんですよね……。
確かにまぁ台を単品で見るとそこそこ高設定らしきデータになっている台もあります。ただ、稼働がいい中でのデータ……仮に全台設定1だとしても、数十台もあれば中には1台くらい設定6っぽいデータになる台もありますって話ですよ。つまりおそらく……まぁもはや言うまでもありませんよね。

昨今のパチスロはART機が主流になってきていることもあって、どうしてもノーマルタイプはおざなりになりがち。5号機になってからここまで数年間、天下をとり続けてきたといっても過言ではない『ジャグラー』でさえも、ここ最近はART機に割を取られているように感じていました。

……ですが今回この土地で感じた例は、それではない。
『ジャグラーに設定が入ってない』のではなく、『ジャグラーですら設定が入ってない』というのが正解。
というのもこの地域はどうやら新台でもない限り、ART系の人気よりもノーマルタイプの人気のほうが強いようで、こと『ジャグラー』に関してはほぼ満台状態。それにもかかわらずそういった現状が見られるということは……まぁ当然、ART機に設定なんか入っているわけもありません。ただでさえイベントなどで『56を入れます』などといった煽りが禁止されているのですから。


ホールにバカにされるべからず!

その光景を目の当たりにした時……悲しくなりました。
パチスロってのは、出る台があって出ない台がある……のがその正しいあり方じゃないのだろうか。だからパチスロライターは『高設定の見抜き方』を始めとした数々の攻略要素を世間に配信しているんじゃないのか。なのにもかかわらずこの現状を見てしまったら、自分のやっていることはまさに絵に描いた餅を美味しいから食べてみなさい……といっているようなものではないか。

こうなってしまった要因としてはやはり地域性の問題が大きいでしょう。イベントで設定を謳えない、それによって若い客足が遠のく、つまりパチスロで勝つことが流行らない、そしてただの娯楽になっていき、客のレベルがただただ下がっていく……。
そしてその下がったレベルと同時にパチスロ店の設定も下がり、勝ったり負けたり……どころかただ一方的に負けていき客が増えることにより客も減る。客が減るから設定も入れられず、さらに客が減る……負のスパイラル。

しかしイベントで設定がうたえないのはいいんです。こればかりは仕方ない。だけどだからといってそのホールの中身をキチンと理解しようとせず、結局惰性で店に通ってしまう……これがよろしくない。

世の中にはゴマンとパチンコパチスロ店はある。その中には『うちは設定こそうたえないけど、だからこそちゃんとお客さんに理解して貰えるような設定の打ち方をしています』という男気溢れるホールだってあるはず。いや、そうしたいと思っていても客が理解してくれないから意味がない……と諦めているホールが実際は多いはず(そう思いたい)。
そんなホールを増やしてしまったのは間違いなく、打ち手の責任です。ちゃんと打ち手に優しい考えを持つホールを理解して贔屓にして、そうでないホールには徹底的に通わない、淘汰されるまで無視し続ける。これをしないと業界全体が活気付かないどころか、自分が損をしてしまいます。
『放っておいても客が来るから……』と、ホールを甘やかしてはダメなんです。明確なガセをやる店、ちっちも設定が入ってない明らかに抜き専門のホール、そういったところは潰れてしかるべき……です。

ちょっと熱く語りすぎてしまいましたが(笑)、これからもパチスロをもっと楽しく打ち続けたいと思うならば、台の知識よりも目押し力よりも、そういった感覚を持たないとならないな……と、今回の遠征でひしひしと感じましたんで、データがないかわりに長めに綴らせていただきました。

そういえば先日、とある知り合いから『○○○(ホール名)が遂に淘汰されたらしいですよ!ざまぁみろ!』というメールが来たんですよね。
それを見て苦笑いすると同時に、まぁ口では言わないまでもここまでの感覚が持てる人が増えれば、パチスロという遊技機と打ち手の取り組み方ももっと深くなるのになぁと感じましたとさ。

さて、来週こそデータ……載せなきゃ(汗)。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る