コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハッピージャグラー』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール ---
機種名 ハッピージャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
《ハッピージャグラー 1170G BIG4回 CB4回 すでにマイナス19000円状態からスタート》
5000170CB
1000113BIG
12CB
2000374CB
9000324CB
24CB)チェリー
6000371BIG
142BIG
51CB)チェリー
70CB
8CB
78BIG
60BIG
76CB
97BIG
108CB
2BIG)チェリー
48BIG
119BIG
242BIG
16BIG)チェリー
104CB)チェリー
16BIG
11BIG
180BIG)チェリー
32CB
252BIG
69CB)チェリー
2BIG
257CB)チェリー
24CB
133CB
14BIG)チェリー
100CB
141BIG)チェリー
2CB
55CB
65CB
1BIG
77BIG)チェリー
423BIG
194CB
155BIG
7BIG
689BIG)チェリー
107BIG)チェリー
41CB)チェリー
37CB
138BIG)チェリー
5CB
593CB
135CB)チェリー
437ヤメ
230007001
ブドウ回数1173
確率分母5.968456948
BIG回数27
確率分母259.2962963
CB回数26
確率分母269.2692308
総投資額 23000円
総獲得枚数 2065枚
換金額 41000円
収支 18000円
※トータルでは-1000円

鬱陶しい客が多い都内パチ店

この日は、「打つぞ!」と決めていた日でもあったんですが、まぁそういうときに限ってホールから送られてくるメールは「新台入荷のため本日はお休み」の文字ばかり。そんなわけで前の日の晩からどうしようか決めあぐねていたところに知り合いのライターさんからイベントのお誘いのメールが……という年に一度か二度あるかどうかといったラッキーに、心躍らせながらホールへと向かうのでした。

しかしまぁ打つホールを自分で決められなかったあたりはやはり反省点。こういうところが「最近あまり打ててない影響」なんでしょうね。

結局、行った先のイベントが「期間内6ローテーションの初日」ということもあって、『エウレカ』を一台擦っただけで他店へと流れるように移動することになってしまいましたが、でも久々に都内のパチ屋の空気を吸うことができました。

やっぱりというか何というか、都内は若者率が高いですなぁ。そしてその若者達の動きも……なんだか微妙と感じざるを得ないパターンが多いように感じました(もちろん中にはしっかり打っていた人もいましたよ)。
パチスロの知識と数値を頭に叩き込んだ経験値がちょっと少ないタイプだと、『設定』と『その日のこの後の展開』を『匂い』でかぎ分けることが難しいのですかね。店内をウロウロウロウロ何時間も徘徊した挙げ句、弱い割数の弱い根拠台に座ってすぐヤメる……これを繰り返していて本当に勝てているのかどうかと不安に思ったりします。ま、他人事なのでいいんですが……ね(笑)。


すぐヤメそうなオッサン風に(笑)

だからちょっとこの日はイジワルをしてみました。『ハッピージャグラー』でオール適当打ちのように見せるチェリーアバウト狙いのみで消化、さらにブドウは全部脳内カウントでカウンターは使わず。
こうすると適当打ちをしていて、かつブドウを数えていない客……要はセミプロから見て『コイツそのうちヤメるだろ』みたいな客に見えるかなぁと。

案の定、打っている最中に自分の背後をウロウロウロウロする若者多数(勘違いかもしれませんが・笑)。もちろん最後の0分まで回す手は止めませんでしたよ。まぁおかげでピークから1200枚くらいのコインが飲まれていきましたが(笑)。

でもまぁ、昔はこういうことを自分もよく『やられていた』様な気がします。この人絶対ヤメるなぁ……なんて思っていたのにもかかわらず、実は毎日のように高設定をツモる凄腕だったとか。プロはプロらしく見せないことも仕事ですから、もちろん当時の自分のような似非プロの目を欺こうとすることは当然なんですが、最近はそういう人が極端に少なくなったような気がします。
これからスロでなんとかしていきたいという若者の方々は、ぜひこういう人を見かけたら手本にすると良いと思いますよ。カウンターをあからさまに使ってアピールするのは、時と場合によっては損なこともありますからね。

しっかし実は初打ちだった『ハピジャグ』ですが……正直…お腹いっぱいです(笑)。
左からチェリーアバウト狙いだけでも光る瞬間の大半がスベリコマ数と停止型で分かっちゃうとなると、もはや『俺の愛するジャグ』じゃないような気がしちゃってね。『ラブリー』の時にも何度か打ち込んだ後に思ったこのことを、この日はたったの一日で痛感しちゃいました。

まぁでもこの辺は好きずきだと思いますけどね。リール出目に一喜一憂できるのは間違いないですから。ですが個人的に、過去の名機と比べちゃうというどうしても抜けない悪い癖があって、比べてはならないのは分かってはいるのですが「4号機リーチ目マシンを適当打ちしていた時のあの制御の深さには到底叶わないのだから、もっと潔く諦めればいいのに……」とかツマラない思考に走っちゃうんですよね。
でもそんな中でも、この『ハピジャグ』を作った方はやっぱり天才だと思います。是非その脳で『B-MAX』を作ってください……とか無理なお願いをしておきます(笑)。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る