コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『テンションブースター』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール ---
機種名 テンションブースター
投資 ゲーム数 ボーナス
3K71CB
2K172CB
(68RT
91青BIG
2K294CB
16青BIG
57CB
108青BIG
96赤BIG
310赤BIG
44CB
183青BIG
16CB
98青BIG
(161RT
412赤BIG
143青BIG
80青BIG
384青BIG
208CB
296青BIG
67CB
274青BIG
86赤BIG
218青BIG
128ヤメ
総ゲーム数:3852G
赤BIG回数:4回(1/963.0)
青BIG回数:11回(1/350.2)
総BIG回数:15回(1/256.8)
CB回数:8回(1/481.5)
ボーナス合成23回(1/167.5)
総投資額 7000円
総獲得枚数 1223枚
換金額 24000円
収支 17000円

無限RTのみ期限付きRT

最初に書きましたが、この機種を説明するのに簡単な文章は「リプレイが4連したら無限RTに突入」となります。わかりやすさ重視というか。少ない文字量で伝わりますから。

しかし、です。実は、皆さんが無限RTと思ってるところが期限付きRTで。その途中段階の1Gだけ……と思ってるところが、内部的には無限RTだったりします。この機種は逆転の発想から生まれているんです。ん〜、ちょっと大袈裟だったかも。

第4段階の「ベリベ」揃い以降は、通常リプレイやその他の特殊リプレイが揃いますよね。でも、RTは継続したままです。しかし、通常時に通常リプレイが揃ったら次のゲームは第2段階の「リリベ」確率がアップ。ハズレや小役が揃った場合は、通常時に戻ってしまいます。

「RT突入目が出たら必ずRTに突入しなくてはならない」と書いた通りにすると、第4段階の「ベリベ」揃い以降は「揃う種類やラインを変えるなり、RT突入目とならないリプレイ確率をアップさせる」以外にRTを継続させる手段がなくなってしまうのです。でも、このRTはいつもと変わらぬリプレイが揃ってくれます。『エウレカ』とか『マクロス』を思い出してみてください。『エウレカ』のART中は「リリベ」が出ても、再度の「リリチェ」待ちとならずにARTは継続しますよね。それと同じことです。

『エウレカ』のARTは、50Gでゲーム数上乗せもなく。終了後も陥落目が出なくてもリプレイ確率は通常時に戻ります。このような「ゲーム数期限のあるRT」は、逆に「途中でRT突入目が出ても、新たなRTに書き換えてはいけない」という規定があるんです。

この規定があるから、第1段階から第3段階までは無限RTということになります。1Gだけ違うリプレイ が揃いやすくなるRTに入っているように見えますが、そのゲームが1G限りのRTだとすると次の段階のリプレイが揃っても、RTを書き換えられません。つまり、次のゲームで何が揃おうと通常時に戻ってしまいます。『エウレカ』に喩えたついでに。ARTの最終ゲームで「リリベ」が揃った時と同じといえばわかりやすいでしょうか。

無限RTだからこそ、次の段階のリプレイが揃うとRT状態を書き換えられる。これは陥落に関しても同じでして。ハズレや小役が揃ったら通常時に戻りますが、これは勝手に戻っているのではなくて「通常状態(第0段階)」に強制的に戻しているんです。1Gの期限付きRTなら、勝手に戻るんですけどね。

で、気になるのが、第4段階の「ベリベ」以降のRTは、何ゲーム回すと終わってしまうのかということ。正解は知りませんが、16384Gか65536Gか。プログラム的にはこんな感じでしょう。1日とか2日(三重の元旦営業があるから・笑)ハマリ続けても到達しないゲーム数に設定されています。

ちなみに、この「1日消化しても届かない期限付き」という概念は、大昔のパチンコの確変もそうだったりします。今のパチンコは法律の解釈基準が変わりすぎて、私もよくわからなくなってますけど(汗)。

テンションの上がる瞬間

もっぱら私は中押し手順で打っているわけですが、中段にリプレイが止まるといずれかのリプレイ確定。4回連続で中段にリプレイが停止すればRTとなります。

んがっ、たまにあるんですよね。第3段階の「ベリリ」が揃った次のゲームで、リプレイが中段に止まってRTかと思いきや、第2段階の「リリベ」に格下げされてボーナスが確定したり。格下げ、もしくは同じリプレイが連続で揃う確定パターンは、テンションが上がります。もちろん、いきなり第3段階や第4段階のリプレイが揃って確定するパターンもありますし、これも驚きを与えてくれますけど、やはり格下げパターンが一番好きかな。

ハマって増やすARTではなく、現状維持に毛が生えた程度のRTだからこその喜びですな。RT中であろうと「さっさとボーナス当たらないかな」って思いながら打つ機種なもんでして。

主役はあくまでもボーナスであって、RTはちょっとしたスパイス。

ボーナス主体タイプは増えてきましたが、こういう機種も増えてきて欲しいですね。5号機初期には多かったタイプですが、今と昔では全体の機械割りも向上していますし。もっと見直されるべきかと思います。天井保険付きボーナス主体タイプもこの亜流といえばそうなっちゃうんですが。

『ヱヴァンゲリヲン〜真実の翼〜』のREG後も、試みとしては結構好きだったり。個人的には、天井保険付き狙いでREGをヒイて泣くことばかりだったりしますけど(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る