コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『アイムジャグラーAPEX』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール ---
機種名 アイムジャグラーAPEX
投資 ゲーム数 ボーナス
アイムジャグラーAPEX(合成1/140の台)
1K18CB
78CB
23CB
45CB
118CB
1K201BIG
52BIG
186CB
88BIG
160CB
94CB
101CB
129CB
202BIG
186BIG
31BIG
112BIG
50CB
8CB
186BIG
125BIG
113CB
94CB
38CB
226CB
108CB
441BIG
168BIG
26BIG
86CB
702BIG
89CB
169CB
122ヤメ
総ゲーム数:4575G
BIG回数:13回(1/351.9)
CB回数:20回(1/228.8)
合成:33回(1/138.6)
ブドウ確率:1/5.93
総投資額 2000円
総獲得枚数 411枚
換金額 8000円
収支 6000円

今回もCB5連スタート

ベストの選択ができている自信があるなら、ヒケないのは「気にしないようにして」いつも通りの立ち回りをすれば良いわけです。しかしながら、現在の立ち回りはベストからほど遠いという自覚はございまして。ドタバタして稼働する時間が取れなかったのもあって、見ているホールの情報量も減ってしまっています。

もちろん、適当な立ち回りでヒケてラッキーというのもありますが、そうなってくれない現状ではいつも以上にガチガチな打ち方を心がけなければいけません。特に私の場合は、一発長打を狙うスタイルではありませんし。

なんてなことで、ジャグ系のお店へ。震災後は設定変更パターンが変わったのと『ハピジャグ』に設定が入らなくなったのもあって久々。ただ「『ハピジャグ』に設定が入らなくなった」という情報を持ってるだけでも大きいです。いや、それほど大きくもないか。朝からほぼ一発でツモってナンボのジャグ系だけに、様子を見る昼過ぎからの出動。さらに、絞りきれず(良き台は打たれていたのもあって)2時間ほど近くのホールをウロウロするハメになりましたから。

違う地域の視察に充てるか……なんて、最後に様子を見に行ったら「これじゃね?」という『アイジャグAPEX』がポッカリ空いてました。最後に一発ハマって合成確率は1/145。このくらいの確率だったら、普段は打たないかも。なので、ガチガチには見えないかもしれませんが、ホール状況と合わせたら「限りなく確定に近い推定設定5以上」に。

今日はマトモにヒイてくれますように。そう願うまでもなく1本でCB。さらにCB、またまたCB。5連続CBでノマれ。結局どの機種を打ってもCBまみれになる展開のようです。追い銭1本で食いついてくれたから良かったものの。ズブズブと銭ストレートさせられることを覚悟しました。精神面が弱ってる証拠です。というくらい10日間ほどマトモにヒケてなかったんです(笑)。

負けなくて良かった

いつまで経ってもBIGが付いてこないのと、余計にヒキまくってくれるブドウが恨めしいんですわ。打てば打つほど設定6が濃厚になっていきます。設定5なら「縁がなかった」と割り切って帰ることもできるのに。そんな後ろ向きな発想になってしまうくらい『アイジャグAPEX』も、今のところの相性は悪いことに気付いてしまいました。ここまで2万ゲームくらいしかまだ回してませんが、BIG確率は1/320くらい。当面のところ、設定1の1/287を目標とすることにします。まったく自信はありません(笑)。

ちゃんと粘れるような台に座れたのも久々。それこそ前回の『ダイナミックサンダーV』以来だったり。それと、最終的にコインを流せた&負けなかったというのはプラス材料。ただ、もうちょっと冒険はせずにカタく打ちたいところです。スランプ脱出はまだまだ先のこと。

「いつも以上にカタい台にしか座らない」という心がけを、ふと忘れるようになった時がスランプ脱出と言えるんじゃないかな……と。この20年、その繰り返しです。ガチガチな台にのみ座り続けられるならば、勝率は良くなります。ただ、稼働量が激減してしまっては収支も減りますし。いろいろな台を触って考えたりするいこともできなくなります。このバランスは永遠の課題ですな。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る