コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『マッハGoGoGo III』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 ---
遊技ルール ---
機種名 マッハGoGoGo III
快盗天使ツインエンジェル2
投資 ゲーム数 ボーナス
《マッハGoGoGo III》
50------)約2300枚
《ツイン2》
400229同色BIG
150400ヤメ
《マッハGoGoGo III》
10058青BIG
100196REG
16XBIG)BIG中GO揃い
18)ART
81)ART
130)ART
50684スーパーBIG)BIG中GO揃い
7)ART
275REG
16スーパーBIG)X絵柄同時当選・BIG中GO揃い
4)ART
54)ART
83青BIG
7)ART
50)ART
390)ART)低確GO揃いから
451スーパーBIG
10)ART
23)ART
100)ART
150)ART
200)ART
329REG
43)ART)高確GO揃いから
78REG)REG中GO揃い
6)ART
34)ART
48REG
4)ART
61)ART
122)ART
172)ART
444REG
14REG
136)ART)高確GO揃いから
187)ART
209スーパーBIG
9)ART
51)ART
102)ART
152)ART
201)ART
251)ART
301)ART
485XBIG
29REG
29REG
35スーパーBIG
46)ART)高確スイカから
417青BIG
6XBIG)1G連・BIG中GO揃い×2
3)ART
53)ART
192XBIG)BIG中GO揃い
6)ART
122)REG
3)ART
120XBIG
61ヤメ)2922枚
850
総投資額 850枚
総獲得枚数 約5150枚
換金額 ---
収支 約4300枚

疑心暗鬼モード

思えば先月6月は、稼動したほとんどの日が設定6でした(『ひぐらし』を除く)。
で、思い返してみると……これまた驚くほど機種が被っていないんですよね(汗)。
『蒼天』に『リング』『緑ドン』、『猪木』に『バサラ』etc……と、ART機種がメインにはなっていますが、なんと一度も機種が被らず……です。

まぁこういう月のほうが珍しかったりはするんですが、それだけ機種には固執していないということ。
今は取り立てて爆発的な人気機種も無いですし、まぁかなりの強めな根拠がないとほぼ打たないだろう機種さえ決めておけば、そのほかは何だって打つ……たとえそれが初打ちでもバチコイです。

……が、やはり初打ちの機種は怖い部分もありますね。
今回打った『マッハGoGoGo III』、結果的には内容から考えても6で間違いないと思いますが、ごらんいただければわかるとおり朝のデータが取れていません。
これは、『朝はたまたまの爆発だった』と思ったから。1ゲーム目から始まったように見えた周期がARTを連れてきて、「さすがに変更されてたらストックは消えるだろ」との読みから、リセットのかかっていた『ツイン』に移動。しかしここで振るわず、ひょっとしたら……と戻ってみた『マッハ』が6挙動。

結果的には台の事を知らなかったから捨てたのではなく、店の対策によるものでしたが、ストックが消えるか消えないかを終日知らずに打っていたため、疑心暗鬼のまま家に返る結果となりました。

実はこれ、この月に初打ちした『バサラ』でも同じ状態に陥ったんですよね。
ART初当たり時は4分の1で夜ART……ということまでは知っていたんですが、夜でも夕方背景のことがある割合……というのを体感でも数値でも知らなかったために、なかなか背景が夜にならないことに疑心暗鬼になりつつプレイ。内容的には6っぽかったのに、帰り道で知り合いにその割合を聞くまではモヤモヤしっぱなしでプレイすることになったと。


実に今更ですが……

まぁどちらにしても、こういった例外こそあれ基本的に、『打ったことの無い台に座るということは、ほぼ6を確信しているから』であって、決して試し打ちで打っているなんていうことはありえないのだから、タコ粘りすることだけはほぼ確定。捨てる割合も少ないので問題はないというわけですが、まぁちょっと台読みに自信が無い場合などはこういうケースに陥るとちょっと危ないですよね。気をつけねばなりません。

ですが今回『マッハGoGoGo III』を打ってみて思ったこと。
やはり初打ちは楽しい……ですね(笑)。 台のことを携帯でポチポチ調べながら打っているときもそうですが、基本初打ちする台は6であることが多いから、出玉的にも楽しい部分を体感できる。そうなると、台の持つポテンシャルを存分に堪能できるので(まぁ出ない倍もありますが・笑)、真のゲーム性を知ることもできるって塩梅。

今回の『マッハ』はストックが消滅する可能性があるというかなり特殊なARTストック抽選の他に、ゲーム数上乗せまで完備。まぁそんなに割が高くないゆえにゲーム数上乗せよりもかなりストック寄りという若干バランスが取れていない台にも感じましたが、とにかくあれもこれも贅沢に詰め込んだ台……として、ART中はかなり楽しく打てる台だったように感じました。
さらにそれに加えてアリストのあのシュールな演出……(笑)。 本っ当に今更ではありますが、久々にしょっちゅう打っていても飽きないな……と感じさせてくれる台だと感心しましたよ。
ボーナス中のGO揃いによるART突入よりも、通常時から入るARTのほうが連チャンに期待できるってところも結構ツボでしたね。やっぱり爆発は、設定が高いほど起きやすくなきゃ……ね。弱者は死んで然るべき……なんていうと言い方はキツいですが、台がそう訴えているように感じました(笑)。

さて、いよいよ7月。世間では輪番休業が始まる地域もあり、ホールさんも出玉を出すには厳しい時期がやってまいります。
皆さんが考えている以上に、たった3日4日の休みが、ホールさんにとってはかなり大きな負担になるようですよ。ですのでそれが、出玉や設定にかかわってくることはいうまでもない……ということを、心のどこかに留めて置いてくださいね。
さーてと。そんな中でどうやって立ち回るか……プランを練らねばなぁ。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る