コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『プロゴルファー猿』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール ---
機種名 プロゴルファー猿
投資 ゲーム数 ボーナス
『プロゴルファー猿』842Gから
4K103猿丸:50G
特訓:+10+30+50
ハズレ:+10
(150END(382枚)
151猿丸:70G
(70END(128枚)
108猿丸:50G
強スイカ:+50
(100END(216枚)
101猿丸:60G
弱チェ:+10
(70END(146枚)
72猿丸:50G
(50END(92枚)
114猿丸:50G
(50END(102枚)
142猿丸:80G
弱チェ:+10
弱チェ:+10
ハズレ:+10
(110END(241枚)
111猿丸:50G
(50END(97枚)
212ヤメ
総投資額 4000円
総獲得枚数 1335枚
換金額 26500円
収支 22500円

またもゾーン狙い

私が行くホールで、打っている機種の近くにあることが多い……というだけで『プロゴルファー猿』をチェックしているわけですが。出る時は出るけど呑む時は呑む。で、呑むことのほうが多いという印象だったり。設定があまり使われていない時に見てしまっているのかもしれませんけどね。

ただ、解析を見ると「お試しで打ってみても良いのでは?」なんて思える区間もあります。以下、前回も書いたことをそのままコピペ。

====
通常Bモードに滞在していて、深いところでゲーム数発動してくれるとモード移行が優遇されて、準備モード以上(大半が216G以内・その後の連チャン系モードへの移行も期待)になります。こういったところで、ビクトリーボーナスとは言わないですが、ビクトリーロードくらいに引っかかってくれると助かります。……なんてな考え方。
====

これにプラスすると、連続で大ハマリしている台は「その前が通常A滞在濃厚」となるので、今回のハマリは通常B滞在の期待度アップとなります。連続の大ハマリは高設定じゃなさそう……とイメージしてしまいがちですが、モード移行の設定差は大きくないので、どの設定でもハマる時はハマるんです(笑)。設定6だったら深いゲーム数の選択率も下がりますが、それでも50%以上は700G超えになりますし。

そんなことを考えながら、連続ハマリ中の頃良い台に着席。

通常Bモードが濃厚となるゾーンでART当選。微妙なところで強チェリーをヒイていたので諦めてましたが(レア小役での抽選が優先され、モード移行の優遇はなくなる)、最初のART中にX揃いが発生してARTの1G連確定。って、そこで出てきたのが猿丸連打からの70G。設定4以上も確定ですし、これが選択されるということは天国モード以上も濃厚。

その通り、ARTがガンガン連チャンしてくれたワケですが。設定6確定となる上乗せゲーム数は出てこず(まぁ、選択率も低いしね)。普通程度の連チャンで終了した次第です。

時刻はまだ19時。さて、どうする?


先行ハマリ型の機種?

天国モードにいるのに何かの間違いで深いところを叩いたことを考慮して216G近辺まで回して考えます。ここでビクトリーボーナスをヒイたら最強……なんて思うまでもなくあっさりスルー。32768の壁は高し。

天国以上からの陥落時は、通常Aモードへの移行が濃厚。ということは、数回ハマリを繰り返して通常Bモードにして、そこからまた準備モード経由で天国以上に。この間にビクトリーロード(ボーナスでもレア小役でも)をヒケるかという話。

瞬殺でムリと判断しました。ハイ、サクッとヤメた理由はコレです(笑)。

設定変更時もほぼ通常Aモードから始まりますし、先にコインを呑ませないとチャンスにならない……というのが今のところの結論。今回は運良く天国に行ってくれましたが。それだって、そんなに高い確率じゃない。通常Bモード滞在が確定してくれる状況なら座りやすくなりますが、それもなし。どうしても1回ビクトリーロードを拝んでみたいとかでないと、天井狙いもかなり深いところでないと厳しいでしょう。

そんなプラマイゼロを目指している感じのところで、ビクトリーロードとか長いARTに入れられるかがカギ。あと王道として、確実な読みで「高設定確定」となる時に初期投資がかかるのを覚悟して突っ張るのもありますが。そんな感じで絞れるホールではないというのと、客層からして「最初のハマリだけは打たせたい」なんて思ってしまったり。

でも、そういうことを考えていると朝イチから猛爆されるんですよね(笑)。

text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る