コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

地方で連れスロ  
 

実戦データ
店舗名 長野県某店
換金率 6枚交換
遊技ルール 台移動自由
機種名 パチスロろくでなしBLUES・他
投資 ゲーム数 ボーナス
スカイラブ3
7K225青BIG
3K208赤REG
3K154青BIG
107赤BIG
175ヤメ(0枚)
ハーレムエース2
4K103赤赤赤
77青青青
122青青白
41青青白
177赤赤赤
73青青赤
619赤赤赤
1青青白
98青青赤
48赤赤赤
237移動(約700枚)
ケロットスウィート
30赤REG
76白BIG
8赤REG 
233白REG
4白BIG
215白BIG
64白REG
97白BIG
169移動(約600枚)
ろくでなしブルース
42赤REG
12青青赤
115青青赤
294赤赤赤
76赤REG
44青青赤
11赤REG
176青青青
288青青赤
192赤REG
88赤赤青
7青青赤
53赤REG
144赤赤青
150ヤメ(1232枚)
総投資額 17000円
総獲得枚数 1232枚
換金額 20400円
収支 3400円

朝だけ冒険するも

昨年は来られなかったんですが、一昨年までとの違いをウロウロしながら考えます。ジャグ系の稼働が思いっきり下がってます。以前からも『アイジャグ』は、高設定を普通に入れている雰囲気ではなく。ただ『ラブジャグ』は、それなりの台が1台はあったんですが……。

新台以外のART系で毎日ソコソコ稼働しているのが『スカイラブ3』。6枚交換なので、初期投資がかかるタイプにサクっと座るのは言語道断。しかし、『スカイラブ』シリーズが好きな友人と並んで着席です。それが連れスロです(笑)。ボーナスすらヒケない最悪の展開ではありませんでしたが、やはり間違いの一発を起こせない体質なようで。シャレ打ちは負債が広がらない程度に抑えないと。

いつもの立ち回りにちょっとだけスイッチ。低設定域もアマ目の機種+ボーナス確率が高ければ持ちコイン遊技の時間が増えるので、換金差額負けを最小限にするのが狙いです。とは言っても、ボーナス主体タイプはバラエティばかり。ほぼ設定はないでしょうし、設定が入るとしても傾向を探るのも一苦労。早い時間帯なので、打つ価値が少しでもあるデータとなっている台もありません。

稼働量は少ないものの過去のデータを見るとREG回数がBIG回数を上回ることも多い『ハーレム2』をチョイス。設定云々よりも、設定差の少ないBIGをどれだけヒケるかがカギ。金のスケベ椅子・イチゴがプールに落下・1G連のスコープなどプレミアムはよく出てくれましたが、REGはさっぱり付いてこず。まぁ、そんなもんでしょう。700枚弱のコインを持てただけで望外の喜びです。

しかし、次に打てる台がございません(笑)。偶数なんですよ……と言いながら『マジハロ2』を打っている友人と『ダイナミックサンダーV』を打っている友人の間に『ケロットスウィートVer.』があったので着席。その裏にあった『リラックマ』にも惹かれましたが、スペック的なアマさは若干『ケロットスウィートVer.』のほうに分があるものでして。目標は現状維持。ベストは良きタイミングでのBIG即ヤメで100枚増やす。その間に、他の台の状況が見えてくれば……。

って、『ミリゴ』のブッこ抜き方を見ると、どこも期待できなさそう(汗)。『政宗』は4台中1台は、まぁそれなり? 台自体を見るのが初めてなので、なんとも言えませんが(大都さんの台は設定関係なく出ること多いですし)。新台のほうが良さそうなら、『ウルトラセブン』の良い台が空けば……なんてことを考えておりました。結局、踏み込めるほど良い台にはなってくれませんでしたけど。

負けない立ち回り

そんな感じで、打ちながらウロウロしていると約1400GでBIG5回、REG11回と完全に展開負けしている『ろくでなしBLUES』が空き台に。ホール状況を見ている限り上のほうの設定まで望むのは酷ですが、これなら持ちコインが尽きるまで打つ価値あり。現実的に打てる台で、一番期待値が高い台かも。

弱スイカ+青青赤とかもヒケたので偶数な気も。ベル確率は良くなかったので設定6ではないような……って、このゲーム数では何とも言えませんが。いずれにせよ、約1700GでBIG9回のREG5回と踏ん張らせたところでタイムアップ。なんとか、1232枚まで増やせて3400円勝ちとなりました。


毎年、こんな感じですが不思議と大負けはしていなかったり。大きく勝つためには「踏み込んだ台選び」ってのは絶対に必要となってきます。しかし、負けないための機種選びというのも確実に存在します。この状況の6枚交換店で休みなく8時間半打ったら、普通は勝てません。もちろん『ハーレム2』でのラッキーはありますが、それを言うなら普段なら初手にしない『スカイラブ3』での負債は、割り引いて考えるべきですし。

少なくとも、低換金率のホールでは、持ちコイン遊技の比率を上げる努力は必須。同じ機械割でも、初期投資が少なくて済むほうが期待収支は大きくなります。等価交換なら良いんですけどね。それでも、初期投資がかかるタイプは、それだけ途中でヤメてしまうリスクもありますし。

ほぼ初見のホールでも、イベントなどが禁止されてしまっていても。それでも、楽しめる範疇で何とかすることも可能ですよってことで。こういうのを繰り返して(打たなくて良い時は打ちませんが・笑)、通う価値のあるホールを探せるのがベストだと思います。

初心に帰ったところで、私も頑張らないと。状況の変化から出直し中なのを思い出しました(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る