コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『旋風の用心棒』・『アイムジャグラーAPEX』  
 

実戦データ
店舗名 S県某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 旋風の用心棒
アイムジャグラーAPEX
投資 ゲーム数 ボーナス
《旋風の用心棒》
200033青BIG
51赤REG
186赤REG
200022)ART
85赤REG
27)ART
88赤BIG
6000円385ヤメ
《旋風の用心棒》
300089)ART:上乗せ10ゲーム
2000200青REG
17000523ヤメ
《アイムジャグラーAPEX》
8000212BIG
14BIG
168ヤメ
総投資額 40000円
総獲得枚数 425枚
換金額 8500円
収支 -31500円

パチスロ版コインレスシステム

先日伺ったホールで、初めて目にしたものがありました。
パチンコではよく見かけるシロモノですが、パチスロでは初。ひょっとしたら……いや、これ以上言うと店名が分かってしまうのでおいといて。

そのシロモノとは……『パチスロ版コインレスシステム』。正確になんて言う名前なのかは分かりませんが(調べれば分かりますが)、要はドル箱が不必要となるシステム。
下皿にこそコインは出てきますが、そのコインを台間の小型ジェットに流していくことで、現在持っているコインの数が正確に表示され、仮にドル箱数箱ぶんのコインを獲得していた場合は頭上の液晶画面にドル箱の絵として表示されるという……感じの便利システムです。

このシステムを搭載したお店に来店取材を行う以上、やはり活用してみたいじゃないですか。ですんで気張って打ちすぎて、この日は大敗になりました(笑)。 まぁそれはいいとして、このシステムについて思うことが幾つか。

最後にチョロ打ちしたジャグで、獲得したコインは425枚。交換すると余り玉ナシのピッタリ交換です。
こういったことも、このシステムがあったからこそできたことで、従来なら例えば勝ち負けをチャラで終わらせたい場合も、目分量でしか流すことができませんもんね(数えるから平気って揚げ足はナシで)。


億単位で間違いないでしょ

ですがこのシステムを全国に導入してほしいかと言われれば……それはNO。
一日打って状況を見て、さらに40000円使って、8500円ぶんのコインを流して……思いました。
『あー、めっちゃ設置に金がかかっただろうな』って(笑)。

正直一台あたりいくらくらいの費用がかかるシステムなのかは知りませんが、全機種全台にこのシステムを導入した場合、尋常じゃないくらいの費用がかかっていることくらいは想像が付きます。
賢明な読者様なら、もはや言わなくてもお気づきかと思いますが、このシステムを導入したホールが、これからどれだけの利益をどれくらいのペースで上げていかなければならないのか……を想像した場合、そのホールで打つには、よほどの体力のあるホール、もしくは普段からかなりの利益を上げているホールを選ばなければならないのではないでしょうか?

今回お邪魔したホールさんは稼働率もかなり高く、ぶっちゃけかなり早い段階でシステム代の回収が可能だと思われますし、割と安心な感じはしました。 が、店舗によっては導入から一直線……ヘタしたら向こう一年くらいは回収のみに入るホールも多いでしょう。

このシステムの導入でもっとも喜ぶのは、たぶん打ち手ではなくホール。
人件費の削減やホールスタッフの仕事負担が減ること……などがメインになっていると思われます。それに付け加えるとすれば、災害時などの安全性……ってくらいでしょうか。

もちろん我々も、先に書いたように持ちコインの正確な枚数がわかったり、どの台がどれくらい浮いているのかが一目で分かるなどといった便利に感じる瞬間は色々あると思いますが、ボクの31500円が……我々のお金がどこに消えていくことになるのかを考えると、決して増えて欲しいシステムとは思えない……というのが正直な感想でした。

あとはやっぱり……正直、コインをドル箱に詰めている瞬間が一番気持ちいいって人も多いのでは!? 頭上にカッチカチのドル箱を、何箱も積み上げるから楽しいのでは!? 少なくとも自分はそうですねー。完全な自己満足ですが、自分のお金を使って打つのですから自己満足で全然問題ないはず、ですしね。

こういった打ち手の感覚からも、このシステムが必ずしも流行るとは言い切れないでしょう。
でもまぁ、ジャグでのコインを横に流している際、若干ウキウキした気分になったのは内緒ですがね。
お近くのホールに導入されましたら、是非一度、お試しあれ! あ、もちろん……負ける覚悟でねっ♪

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る