> > 『エージェントクライシス』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『エージェントクライシス』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 そういや、こういう連れスロは久々だなぁ。と思った昨日取れたてホヤホヤの実戦データでございます。

昨日は、サミーさんで『パチスロ北斗の拳-世紀末救世主伝説-』の取材をさせていただきまして。実に面白かったです。初代を知る人も納得するであろう演出に、最新ART機らしいパワーが組み合わさった感じ。そんな一般受けしそうなサブ基板に、システムマニアなら「ほうっ」と唸ったりニヤリとしたくなるようなメイン基板の要素も盛りだくさん。

なんて、ショールーム試打を満喫した後のこと。一緒に取材していた幣サイト編集部のファイト君がソワソワしだします。「直帰できるようなので……今から打ちに行きませんか?」

時刻は夕方18時過ぎと、やや遅め。状況を把握していない街。まぁ、勝算は低いですわね。もちろん、逝きます。だって、今週のコラム用実戦は、ショボショボのジャグデータしかないんですもの(笑)。


いやいや。過去の経験上、このテの実戦はコラムネタになることが多いんです。朝からガッツリと勝負に行く場合は、お互いの狙い台が遠かったら仕方なしってな感じになりますが。脈絡のない短時間実戦だと、お互いの趣向を考慮して普段とは違う機種選択になったり。せっかくだから近くで打てればとか普段とは違う意識が働きますからね。

1軒目を華麗にスルー。2軒目もダメそうな予感。ウロウロしているところで、足が止まったのは『エージェントクライシス』のシマでした。会社の近くで、ファイト君も実戦済みとのことですし、ちょうど良いかも。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る