コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『緑ドン』・『ツインエンジェル3』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 -
遊技ルール -
機種名 緑ドン
ツインエンジェル3
投資 ゲーム数 ボーナス
《緑ドン》
200028P・ドンBIG
14)ART:10×5+5
75REG
13)ART:10×3 5×2 10×2 5×4
290ドンBIG
393ヤメ
《ツインエンジェル3》
3000104ノーマルBIG
65ノーマルBIG
4000287REG
4000173ノーマルBIG
3000261REG
6000290ハイパーBIG
3)RT
38)RT:自力
74)RT:上乗せ
111)RT
149REG
20)RT
61)RT
100ヤメ:518枚
総投資額 22000円
総獲得枚数 518枚
換金額 -
収支 -

取材での実戦形式

そんな11月11日は富山県のホールさんにお邪魔させていただく予定ですが、きっとガッツリいってくれるでしょうからそんな心配はナシ。おそらく当日はガチ実戦で皆様と一緒に遊技することになると思います。

ホール取材の時は基本的に幾つかの実戦パターンがあります。
一つが先に書いた「ガチ実戦」。これはその他の通り自腹で自分の財布からお客さんと一緒に打つ実戦で、もちろんお店の方に設定などを聞くことはせず、お客さん目線で打つ方式。まぁマイクを握れる地域であれば事前にオススメのポイントくらいは聞いたりもしますが、基本的には1に座るか6に座るか……全く分からない状態での実戦ですね。

その他にもお店からコインを借りるか指定された台を打つ「デモ遊技」や、時には実戦は一切ナシのパターンもありますが、そこはホールさんとの相談によって決定される感じ。例えばホールで出る「誤差玉」を嫌うホールはガチ実戦、問題ないホールはデモ遊技……などといったところでしょうか。
まぁガチ実戦のパターンの話はいずれするとして、今回はそんな「デモ遊戯」の話をば。


デモ遊技の利点

データはデモ遊技中のもの。

『緑ドン』で1本でプレミアムBIG、その後に設定差のある弱波からのドンBIGを引いて、高設定の可能性がありそうなところで台移動。

続いてはオススメなのにもかかわらずちょっとお客さんがヒキ気味な『ツインエンジェル3』へと移動。データは微妙ですが、他の空き台に優秀台っぽいのがあったので、お金のかからないデモ遊技人間が引き続きダメっぽい台を打って、来ていただいたお客さんに良き台に座って貰おうという粘りです。
デモ遊戯はこういった優秀台へのお客さんの誘導をなんの抵抗も無くできるのが強みですね。
ガチ実戦に比べて一喜一憂という面では劣るかもしれませんが、自分らは仕事で来店している身。何も自分からガッツいて優秀台を打つ意味はないわけですから、個人的にはこういったデモ遊技は好みだったりします。
まぁもちろん、出たら嬉しいガチ実戦も、楽しく仕事できることには変わりないんですけどね。

そうそう、デモ遊技をするようになってから始めたのが「マイスロ」などに代表されるお楽しみ機能。これをやっていれば例えお金の云々がないデモ遊技でちょっと強めな役などを引いてしまっても悔しさが和らぎますから(笑)。
まぁ打ち終わった後はたいていマイクなどの仕事で頭が一杯になって、ついついQRコードを読み取り忘れて帰ってしまうのが常ですが……。

そういえば「マイスロ」で思い出しましたけど、『ユニメモ』ってやったことある方います!? 自分、かなり『緑』は打った気がしますけど、気が付けばあの機能のこと、すっかり頭から抜け落ちていることに昨日、気が付きまして。
登録すると何がどう面白いことがあるのか……ちょっと気になって気になって。
まぁ確実に「今さら」……なんで、『赤ドン雅』まではやらないとは思いますが、打ち込みまくった機種だからこそ、ミッションなどがあるならばいろいろとコンプリートできたことと思いますし惜しいことをしたな〜と思っております。

さて、明日は何を打つかな〜。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る