コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

今年印象に残った機種  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『マイジャグラー』
投資 ゲーム数 ボーナス
マイジャグラー
1K16CB
1K109CB
2K152BIG
6BIG
16BIG:中チェ
81BIG:チェ
187CB
67CB:チェ
431BIG:チェ
2BIG
12CB
163BIG:チェ
163BIG
180CB:チェ
231BIG
28CB
151CB
269BIG
30BIG:チェ
130BIG:チェ
47CB
66BIG
381BIG
7BIG:チェ
19CB
114BIG
58BIG
72BIG
173CB
2BIG:チェ
81CB
122BIG:チェ
46CB
91BIG:チェ
328BIG:チェ
96CB
142CB
9BIG
102ヤメ
総ゲーム数:4380G
BIG回数:23回(1/190.4)
CB回数:15回(1/292.0)
合成:38回(1/115.3)
ブドウ確率:1/6.08
総投資額 4000円
総獲得枚数 2608枚
換金額 52000円
収支 48000円

多くのアイデアが出た2011年

昨年というか、今年の中盤くらいまでは「今までの機種の応用ばかり」「システムは出きっている」なんてよく書いていましたが、最近はこのセリフを言わなくなってきました。もちろん、法律解釈やら内規は大きく変わっていないので、状況は同じまま。しかし、それでも目先を変える以上のアイデアが2011年は出てきたな……という印象になったからです。

例えば、MVPにノミネートされている『ミリオンゴッド』。1Gあたりの純増枚数は、純粋なARTのみ搭載機では最強。システムはよくあるパターンですが、ここまで突き詰めて検定を通したのはすごいです。そして『猪木元気』の「道フリーズ」発生システム。チャンス目から○G以内のボーナス成立で発生。しかも、○Gは抽選でゲーム数が変化するあたりも。こんなの認められるんだぁと素直に感動しました。あ、MVPノミネート機種はこの辺にしておきます(汗)。


ノミネート選考会の前には、枠目一杯に「自分ならこの5機種」など、当然考えるワケです。ちなみに私がMIPに推薦しようと思ったのは以下の機種たち。

『ハーレムエース2』(ネット)
5号機全体を見渡しても最高級のボーナス主体型。ノミネート機種なので手短に。

『エージェントクライシス』(エレコ)
このシステムは、2010年以前では考えられませんでした。純増3.0枚を実現させるための肝となる純増0枚のボーナス。この使い方が認可されたことにも驚きました。ここからの発展にも期待したいシステムです。

『テンションブースター』(北電子)
リプレイ4連続でARTというのは、ありきたりですが。4段階のリプレイの揃う法則崩れでボーナス確定という意外性が素晴らしい。さらに、味の違う順押し・中押し手順をプレイヤーが気分で選べるところも。

『デルピエロ』(オーイズミ)
リーチ目役となる特殊リプレイ入賞で告知し、その次にART発動の赤7リプレイを揃えさせる芸の細かさ。超高確・高確もそれぞれ違う突入リプレイがあり、実は出目だけで全てを察知できるところも好印象。

『ココナナ』(ネット)
何ゲーム続くかわからないARTで完走型という初の試み。その代償として1枚掛けでボーナスを揃える=通常時もうっかりすると1枚掛けで回してしまうことになりましたが(笑)。ただ、システムを理解しているとイラっとしなくなります。

他にもまだまだ

実は、この5機種を決めるにも紛糾しました。ええ、自分一人でですが(笑)。好みのボーナス主体型からは『頑固一徹』『シスタークエスト2』あたりも考えましたが、さすがにボーナス主体型枠は1なご時世と判断。その他に候補になったのは……

『ビッグシオV』(パイオニア)
ゾロ目ゲームでボーナスをヒクとART突入の大チャンス。初代『シオサイ-30』の「このゲーム数がアツい」とホールにあった貼り紙を思い出しました(笑)。いや、これ素直にアツいです。

『サムライスピリッツ』(SNKプレイモア)
短いARTをヒキで継続させていくのは、実に面白いかと。まだ導入から時間が経っておらず、私もショールームでしか打ててないので評価は来年に回るやも。


そんなこんな。今年もショールーム取材などを含めれば全体の80%近くの機種を打ったでしょうか。それでも、残りの20%に個人的なヒット機種があるかも……と思うとドキドキするような、出会えなかったことが残念なような。導入が少なすぎた機種もかなりありましたからね。

なんてな感じで、まだ11月なのに年末みたいな雰囲気になっているのは、早くも来年のMVP候補に挙がってきそうなものを数機種打ってしまっているからです。今週は『赤ドン雅』が導入されましたが、この後も続々とビッグタイトルが。『パチスロ北斗の拳』に『パチスロ鉄拳2nd』。あ、個人的には『不二子』も激しく気になってます。


で、最後に実戦のことでも。うん、最初にCBから追加投資してますが。両方とも単独成立だったし、元々が狙い台候補のソコソコなデータ(取り忘れ)の台だったので追って当然。そのまま珍しくスッキリ出てくれました。ね、書くことこれしかないでしょ(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る