コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ミラクルジャグラー』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ミラクルジャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
《ミラクルジャグラー 831ゲーム BIG4 REG2》
400092REG:チェリー
2000140REG
36REG
24BIG
69REG
45REG
167REG
41BIG:チェリー
27BIG
71BIG:チェリー
17BIG
74BIG
469BIG:チェリー
328BIG
94REG
70REG
124REG:チェリー
101ヤメ
1989
総投資額 6000円
総獲得枚数 750枚
換金額 15000円
収支 9000円

ミラクルにシビレル!

そんな「ドラマ」が起こる可能性がさらに上がったともいえるであろう『ミラクルジャグラー』、皆さんは打ちましたか!?

つい先日、自分も初打ちして参りました。まぁ2000ゲーム程度の短い時間でしたが、BIG時に発生する様々なプレミアムを堪能できたり、特異なREG確率が生み出す新たな波を体感できたりと、実に楽しんでプレイできました。

中でもBIG時のプレミアムの存在は非常に大きいですね。
あれがあるとちょっと操作ミスをしたとき(第3停止が止まらなかったりetc)があるだけで、ひょっとしたらプチフリーズでもしてこのゲームでペカるんじゃないか……っていう今までにはなかった「新たなドキドキ感」が生まれたような気がします。
実際、「操作ミス? or プレミアム?」と感じてペカったことがこの実戦中だけでも2回。1回はREGだったので完全に操作ミスだっただけでしたけど(笑)。

まぁとにかくBIG8回に1回は「何かとてつもないことが起きる」機能を搭載したことで、GOGOランプに対して新たなドキドキ感を持てるようになったことは非常に良いことかと。「奇抜さを設けるには限度がある(ゲーム性を壊すから)」ジャグラーシリーズで、ここまで冒険したにもかかわらずこんなに打ちやすく、打っていて楽しめる台……やはり北電子さんはさすがだなぁと。


小役確率の発表はないが……

さて、この2000ゲーム弱の『ミラクルジャグラー』のデータ。
小気味よく当たっていますけど、実際の設定は幾つだったのか……ちょっと推測タイム。まずは全ての確率を書き出してみましょうか。

☆ 総ゲーム数 1989ゲーム
☆ BIG回数・確率 8回(1/248.6)
☆ REG回数・確率 9回(1/221.0)
☆ ブドウ回数・確率 291回(1/6.84)
☆ チェリー回数・確率 56回(1/35.5)
☆ レア役合算回数・確率 6回(1/331.5)

とこんな塩梅。

REG確率が最も高い設定5の数値よりも高く、BIG確率は設定6に近い数値。プラス収支で終わっていますし設定5か6で間違いないかな……と思う反面、実は気になったりするのがブドウの確率とチェリーの確率。

実はこの『ミラクルジャグラー』、従来のジャグシリーズに比べると、通常時のコイン持ちが1ゲーム近くアップしているそうなんです(メーカーさんから聞いたお話)。
にもかかわらず、今回打った『ミラクルジャグ』のブドウ確率は従来のジャグラーの設定1のブドウ確率を大きく下回っていますし、チェリーもまた酷い数値。『ミラクルジャグラー』ではこのブドウの数値が大きく上昇していることが考えられますから、そんな中でもこの悪い数値は、「低設定のボーナスのヒキ強」をも想像させますよね。

まぁまだ内部数値が出ていない機種だけにあくまで想像に過ぎませんが、個人的にはこの『ミラクル』、設定3あたりじゃないかと予想しております。
あ、ちなみにこの台には、設定3か5を示唆する○○があったので、6の可能性だけは無いことをお伝えしておきます(笑)。

また、ピエロ&ベルの合算確率の高さも気になるところ。あくまで出現率なので参考程度ですが、『クラシックジャグラー』の設定6並の合算出現率だったところをみると、ひょっとしたら完全小役奪取手順がなかなか有効になるかもしれませんね。気になるところです。

まだ数値が発表されていない機械でも、こうして小役を数えてみると、自分なりの考え方が持てるようになるのもパチスロ模索の楽しいところ。
答えが合っているとは限りませんのでこの数値を立ち回りに活かすかどうかは個人の判断ですが、自分的にはこの『ミラクルジャグラー』は、これからもブドウをカウントし続けてみようと思った次第でございます。

まぁ設定が入る状況で打てるかどうかが問題なんですけどね(笑)。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る