コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ミラクルジャグラー』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『ミラクルジャグラー』
投資 ゲーム数 ボーナス
ミラクルジャグラー
4K110BIG:角チェ
13BIG
283CB
46CB:角チェ
1K319CB
4K206BIG
17BIG:角チェ
29BIG
163CB
394BIG:角チェ
91BIG
7BIG
16BIG
539BIG
71CB
186BIG
9CB
63CB:角チェ
308BIG:角チェ
20BIG
170ヤメ
総ゲーム数:3060G
BIG回数:13回(1/235.4)
CB回数:7回(1/437.2)
ブドウ:500回(1/6.12)
チェリー:88回(34.78)
ベル:2回(1/1530)
総投資額 9000円
総獲得枚数 951枚
換金額 19000円
収支 10000円

ようやく打てました

ビッグタイトルも絡んだ年末年始の営業は、よほどの餌巻き時期でないとジャグ系などはキツい。と前にも書きましたが、今回打ったのは『ミラクルジャグラー』。シリーズ最新機種ですし、他のジャグ系よりかはまだ脈があるかな……と。

とは言っても、狙いのホールで狙いの台が……という正攻法ではなく。久々に覗いたホールで「おっ、入ってんじゃん。ソコソコCBをヒイている台も空いてんじゃん」という行き当たりばったり。過去の履歴を見て、それなりの台が確実にありそうだから様子見で打ってみたものです。

しっかし、この『ミラクル』。『アイジャグ』系統と同じように打てますし、機械割も同様ですが、今までの立ち回りとは考え方を変えなくてはなりませんね。

やっぱり気になるのが、設定6のCB確率が設定4以下という部分です。過去の『アイジャグ』系では、設定6を掴みに行って「あ、6じゃないっぽい」でも、設定5とか。出てるから気付かない設定4になってくれました。しかし『ミラクル』は確実に打てそうな台を探そうとすると、設定5が濃厚に。設定6のみを掴みに行くと、設定4とさらに下の設定となってしまうことも多々出てきそうです。

「CBの付いてる台しか回らない(ホールの売り上げが立たない)」のを防ぐため……というか。「CBはイマイチでも、BIGがガンガン当たっている台にも夢を持たせたい」と工夫した部分かとは思います。ただ、機械割が変わってないから、設定4じゃキツいのよ。かと言って、ほぼ設定5確定となる立ち回りも寂しいというか、それでもキツいです(笑)。

元々『アイジャグ』自体もホールが信用できなければ座れないスペックの機種ですが、『ミラクル』はその上を行きそうですね。小役確率の設定差もカウントする必要がないほど微妙ですし。ほんっとホールと状況把握が命だと思います。あ、ほぼ適当に座ってる自分のことは棚に上げさせてください(汗)。

マジ、わからん(笑)

打ったのは、約1000GでBIG5回のCB4回という台だったんですが。初当たりからのコインをCB連で呑まれ。設定5っぽい挙動をしているのが、今のところこの台だけだから……と追加投資して当たったところから一気にCB確率がダウン。

ブドウもチェリーも中途半端なヒキで、もはや設定4か設定6かわからない始末。いや、さらに下のマグレというセンも否定しきれませんが。他にしっかりとした高設定台があり、それがズブズブになって気付かないことが多々あるのもジャグ。ホールの状況把握すら上手くいかない有り様となってしまいました。

それも、このホールを覗いたのが久々すぎたから。しかも、ジャグ系を打つことが少なかったホールでして。どういう感じだったのかまったく思い出せず。ただ、悪い印象もなかったので「それなりなんだけど、読めないホールだっけかな」と判断し、そしてまた何もわからぬまま帰るハメに(笑)。


まぁ、初打ちできただけで良しとしましょう。賛否両論ありそうなプレミアム演出ですが、個人的には面白かったです。BIGの1/8でしたっけ。それくらいであれば、通常告知の期待度が下がらないので良いかな。4号機『ジャグラーTM』の無音スタートがバージョンアップしたような気分でした。

もうちょっと全体的な機械割が高ければな……。というのが率直な感想です。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る