コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

イベント告知のモラル  
 

実戦データ
店舗名
換金率
遊技ルール
機種名
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支

残念なイベント告知

その前述の残念に感じたイベント告知ですが。これがアウトなのかセーフなのかは、判断する人それぞれでしょうし、最終的にはイベンターやそれを見た警察の判断。私がとやかく言う筋合いではありません。ホール選びを考えてもらうこと。そして、モラル意識が薄れてきている現状に危機感を持っているメディアの一員(端くれですが)もいるってことを伝えるのが目的なので、ホール名やイベンター名を特定できないようボヤかして書きます。ご了承のほど。


さてさて。目にしたのは「(イベンターの名前)イベント、半年ぶりに復活します」といったニュアンスのもの。言葉狩りのようで嫌ですが、「イベント」というホールが使うには禁句とされている単語あり。そして、広告規制以前の使い回しされていたと思われる、イベンター名と煽り文句の入ったポスターをネットに掲示していました。

それくらい良いじゃないの? 確かに。普通のホールであれば、私も「勝負に出たね、警察に怒られないとイイね」くらいにしか思いません。普通のホールなら。「半年ぶりに復活」のクダリを見て、お客さんのことを広告規制を知らないバカどもと思ってるに違いない……とは想像しますけどね。これくらいは毒吐いてもいいでしょ(笑)。


しかし、このホールは……震災直後に不適切な煽り文句のイベント告知メールを出して大顰蹙を買ったところだったりします。あれを見た時の衝撃は今でも忘れません。

「自分のホールさえ良ければ」という考え方が改まっていない(要は、反省していない)ホールと、前科があるところなのにきっちり指導をしないイベンター。多くのホールやイベンターが、苦労しながらもモラルや表現を守っている中、非常に残念だと感じました。このホール、また業界全体の足を引っ張りかねないミスをやらかすんじゃ……という恐怖もありますがね。端くれとしてちょっと心配。


反省しているようだったら、また様子を見に行くホールリストに加えようかと思った矢先だったんですが、完全に頭の中の地図から消去することとなりました。この5年間で打ったのは2回か3回か……くらいのホールですけど(笑)。「こういうホールで打つな!」と言いたいんじゃありませんよ。私は、出玉以外にも大事なことがあると思っているので、打ちたくないってだけ。うん、非情になれないアマちゃんです。

逆に。勝つことが最大目標の人は、勝てる状況と判断したならば、むしろ打つべきかも。こんな感情論を考慮に含めてはいけません。自分が出せるホールなのか、そうでないのか。それだけを基準にするべきです。「あのヤラかしたホールが、イベンター名だけでなくイベントという単語も使って大勝負をしてるんだから、激アツじゃね?」なんて考えてみるのも、立派なホール選びの楽しみ方。ただ、出玉以外のものを求めるのは、アマいかもね。行くならドライに。

どちらも(これだけじゃないですが)、ホール選びの基準の1つでしょう。「行きたい or 行きたくない」いろいろな意見はあるでしょう。でも、こんな年の最後だからこそ「何を求めてホールに足を運ぶのか」を改めて考えたいものです。まだ、打ちたくても打てない状況の人だっているんですから。

過激な告知もボチボチと

このホールに限らず。最近は「勝負に出たね、警察に怒られないとイイね」と思うような過激な告知をボチボチ見かけるようになってきました。それを見て「モラルがないなぁ」と毎回のように嘆いているわけではありませんよ(笑)。ホールさんもいろいろ大変だよな……と同情する気持ちもあるからです。あと、取捨選択のしようによっては、プレイヤーにとっても有益ですし。

ただ、その過激な告知も2パターンあると思うんですね。本当に出す気がある場合(長期間の集客を期待したい)と、一時しのぎ的な場合(当座の現金が欲しい)と。いずれにせよ、警察に怒られるという危ない橋を渡る感じではあるので、営業的に切羽詰まったところが多いのも否定はしません(笑)。これは立ち回り以前に人間心理の問題。

名称が過激でも、そうでなくても。様子を見る価値はあるでしょうね。1軒の優良店発掘が難しい時代ですから。でも、大事なのはイベント(と、ホールさんは言えませんが)の当日だけじゃないんです。出ていたホールは、その翌日以降もチェックすることも大事。リスクも伴うので打たずとも可。長期間の集客を期待したいホールは、通常営業でも打てることをアピールしてきますから。

イベント日にドカンドカン出ていて、良さそうなのに次の日以降は……という場合は、またイベントの時だけ行けばよろし。多くの皆さんは既に実行されていることでしょう。ま、敢えて通ってるホールでもイベントの時だけ行かないというポリシーの人もいたり。それはそれでアリだと思いますし、気持ちもわかります。

実は、このイベント日の翌日とかが大事ってのは、まだまだイベント自体が少なかった時の効果的な優良店発掘方法でした。広告規制が入って、時代が戻ってきたというか。機種は変わっても、方法論は変わらないのがパチンコ・パチスロですからね。って、なかなか優良店を発掘しきれずフラフラいろんなホールで打つハメになってる自分のことを棚に上げて言ってみます(汗)。


そんなこんな、いろいろあった2011年も終わりが近づいています。2012年が、皆さんにとって良いホール&楽しいと思える機種に出会える年となりますように。良いお年を!
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る