コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ北斗の拳』 ・『ニューパルサー3』  
 

実戦データ
店舗名 関西2店舗
換金率 5.6枚交換
遊技ルール -
機種名 北斗の拳・ニューパルサー3
投資 ゲーム数 ボーナス
《北斗の拳》
6000214激闘乱舞・白:4連、上乗せ200(天国スタート)
274激闘乱舞・青:1連
252赤赤赤ボーナス(強ベル)
1激闘乱舞・青:2連(ジャギスタート)
7激闘乱舞・青:1連(即前兆)
38赤赤赤ボーナス(強スイカ)
103激闘乱舞・白:2連(ジャギスタート)
282赤赤赤ボーナス(特リプ・ジャギスタート)
32ヤメ
4役合算確率→1/31.03
《ニューパルサー3》
200059REG
100077BIG
172REG
87BIG
117REG
62REG
5000548BIG
142REG
64BIG
331ヤメ
総投資額 14000円
総獲得枚数 460枚
換金額 8200円
収支 −5800円

小役をあてにするべからず

はじめに言っておきますと、今回の『北斗』は正直上級者向けの台です。

大まかに知られているところでいうと小役確率などに設定差があり、それを数えておけばなんとかなると思われている節もありますが、設定1で約1/38、設定6で約1/33のスイカチェリー合算。これを個数に換算してみてください。

◆ 1000ゲーム→設定1で26.3個・設定6で30.3個
◆ 2000ゲーム→設定1で52.6個・設定6で60.6個

そう、1000ゲームでは4個、2000ゲームではその倍の8個。たったのこれだけしか変わらないんです。なんとなくイメージしていただけますでしょうか。ちょっとしたヒキ強やヒキ弱でどっちの数値にも転ぶって事が。

つまり、小役確率は参考程度にしかならないんです。
実際に打っている感触だと、設定6で小役確率がかなり良くなる展開にももちろんなります。ですが逆に2000ゲーム打った時点で1/40以下だったことも多々あります。
もちろんその他の要素から小役確率が悪くても6を捨てないで済んだりしているわけですが、小役だけに頼った生半可な知識だと、この台……とても痛い目に遭うということだけはお伝えしておきます。


北斗の拳を打つ上で重要なこと

ではどこに注目して打てばいいのか。
その答えの大半は、液晶演出にあります。

最初にも言ったとおり、この『北斗』ってやつは本当に上級者向けの台です。その理由こそが『液晶演出から設定を推測するから』ということ。

パッと見、ただただケンシロウがちょっとした仕草をしたり、期待度なんてほとんど無いようないろんな会話があったり……と、弱めな演出が頻出しているだけのように見える通常時。
スイカやチェリーが成立するときでないと強めの演出が出ないため、こういった弱演出をつい見逃しがちですが、本当はその逆。小役成立時の演出のほうが、どちらかというとどうでもいいんです(もちろん重要なこともあります)。

理由はそのシステムにあります。
滞在モードによって極端にART当選確率が違う仕組みになっていること。小役成立時の演出は、小役が揃った最終停止後にモード移行抽選をするということ。そして弱演出こそが滞在モードを示唆すると言うこと。
このすべてをトータルすると、小役成立時の演出よりも、通常時の弱演出にこそ意味があるということがおわかりいただけると思います。

基本的に高設定ほど上位モードに滞在する率が高いという特徴があり、それこそが『北斗』のすべてといっても過言ではないでしょう。ですのでそれだけ、『滞在モードを読む』ことが重要になるわけです。

生半可な知識、経験では、低モードを高モードと勘違いしたり、またはその逆と捉えてしまうことも多い『北斗』。自分もまだまだ完璧とは言えない力量ではありますが、経験値だけはかなり持っているという自信はあります。

ですので、来週からはそんな『北斗の拳』の設定推測について……ちょっと掘り下げてみようかと思います。
今回は完全に前フリだけで終わってしまいましたが……まぁ今回のデータ(来週も使うかも)の『北斗』が高設定か低設定か。データだけでどう判断するか。そういったところを考えつつ、しばしお待ちくださいませ。答えはまた来週。

うん、ちょっとした連載になりそうですな。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る