コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『赤ドン雅』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 機種画像 この冬の入れ替え競争には負けた感のある『赤ドン雅』。

好みが分かれる機種なのは否定しません。流行のゲーム数上乗せタイプではありませんし、継続の際にガッツリコインを削られることだってあります。BIGの獲得枚数が多いといっても確率は高くありませんし、ほぼARTだけでコインを増やすにも15枚のヒキに左右されすぎます。

ただ、トータルスペックは悪くないと思っています。実際、他の機種と比べるとホールさんが「ヌケる台」と言ってないですし、『赤ドン雅』のシマを見てると「あれ、この店こんなところに設定使うんだっけ?」と感じることも多かったり。あくまでも、私が見ているホールだけかもしれませんので、そこはご注意を(汗)。


そんな中、減台して適性台数に落ち着けてから、上の方の設定を使ってくれているホールで打ってきました。『パチスロ鉄拳2nd』の偵察に行ったら「ん? 雅に今日入るとしたらココじゃね?」という嗅覚が働きまして。そんな調子なので朝からではありません。13時30分くらいから、なぜか朝イチ台を打つという暴挙。

一応、週に2回はチェックしてるホールなので許してください。ソコソコ遊べる穴場ホールとはそういうものなんです。


「朝から打っとけよ」というツッコミが入りそうなので、先に書いておきます。朝から打ったらこうなったとは限りません。それもまた運命なのです(キリッ)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る