コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ北斗の拳』  
 

実戦データ
店舗名 関西2店舗
換金率 5.6枚交換
遊技ルール -
機種名 北斗の拳
投資 ゲーム数 ボーナス
《北斗の拳》
6000214激闘乱舞・白:4連、上乗せ200(天国スタート)
274激闘乱舞・青:1連
252赤赤赤ボーナス(強ベル)
1激闘乱舞・青:2連(ジャギスタート)
7激闘乱舞・青:1連(即前兆)
38赤赤赤ボーナス(強スイカ)
103激闘乱舞・白:2連(ジャギスタート)
282赤赤赤ボーナス(特リプ・ジャギスタート)
32ヤメ
4役合算確率→1/31.03
総投資額 6000円
総獲得枚数 460枚
換金額 8200円
収支 2200円

設定を肌で感じる

しかし一つたかだか4000ゲームくらいの実戦では得られなかったもの。それが「体感」です。

『アイジャグ』なんかだともうそれこそ数え切れないくらいのゲーム数を回してきたからか、小役カウンターを見ずともだいたいブドウがどのくらいで落ちているかを肌で感じることができるような体になっています。

ですが分母がチョロっと変わるだけで、『エヴァ生命』のベルの体感判別はぜんぜんできていないことに気が付いたんですよね。こりゃぜんぜんベルが出ていないな……と思ったら、意外と1/7くらいでは引けてたり……。低設定も高設定ももう少し打ち込まないと、会得するのは難しい……それが『体感』。


実はこの体感が、こないだから話を膨らませていっている『北斗の拳』では非常に大事になります。その対象は『モード移行』。

小役と違って完全には見た目で判断できないものなので、よりその『温度差』に気が付けるようになるために、ひたすら打ち込むしかないわけです。
それこそマイスロの転生回数が上限に達するまで打って、ようやく自信が持てるかどうか……といったレベルの難易度だと思います。

だから『北斗』は難しい。でもできるようになれば、圧倒的に他者とその設定推測の精度差を付けることが可能な機種でもあるわけです。だからこそ極めたい……極めるべき機種。それが『北斗』なんですよね。


即前兆は高設定の合図!?

さて前回ではそのモード移行について、「ARTやボーナス後のモード移行」など、比較的目に見えやすい部分に触れてきました。
そんな中、一つ触れ忘れたことがあるので今回はそこについてお伝えしておきましょう。それは、「ART終了後の前兆モードへの移行率」です。
ART終了後にラオウステージに移行した場合。これは前兆モードへの移行が確定となり、そして同時に高設定の可能性がグッと増します。
前兆への移行率は設定1で0.4%、設定6で2%…と5倍の開き。複数回の目撃ならかなりの高確率で高設定だと言いきれるレベルです。

数回前から使わせて貰っている上記の実戦データでは、一度だけ即前兆へと移行している箇所があります。転落リプレイが揃うことなく、7ゲーム目にARTが発動。これこそが、設定差のある前兆移行です。天国スタートが確定している回数、ジャギスタートの回数に加え、この即前兆への移行を目撃したことで、収支こそショボいですが、この台がほぼ高設定であることを確信できる……と言うことになるのです。

また、即前兆に移行した場合には必ずラオウステージで始まるというわけではないので注意してください。むしろラオウステージスタートは前兆移行時の10%以下と少なく、シン・サウザー・ジャギステージから始まる可能性が各約30%。ですのでステージだけでなく、チャンス目などカウンターの動かないART抽選契機を引いていないか……など、他の挙動もチェックしながら前兆モード移行の確認をするようにしてくださいね。
また、前兆移行時の残りの数%はシャッターステージからのスタートとなります。

さてさて、次回以降はいよいよ本格的な設定推測要素……「通常時の滞在モード推測」ですかね。まぁちょっと書き疲れたので他機種で休憩を採るかもしれませんが(笑)。ではまた来週!

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る