> > 『ヱヴァンゲリヲン 〜生命の鼓動〜』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ヱヴァンゲリヲン 〜生命の鼓動〜』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 機種画像 最近は、なかなかボーナス主体タイプのことを語れなかったりします。『エヴァ生命』をお題にするのは3回目ですが、どうしても最初は機種自体のことを書かざるを得ませんし。そんなところに良い機会を見つけたのでじっくりと。

ここ数年のボーナス主体型のメイン機種といえば『ジャグ』系と『エヴァ』系。ですが、コンセプトは真逆です。『ジャグ』系はハズレと同じ出目で告知するので、いつどこでも単なるハズレ目がボーナスとなるかドキドキできる。『エヴァ』系は、ハズレでも告知するかのような演出で期待感を継続させる。

もちろん、これだけの版権なので初代からハズレ時の演出過多なところはありましたが。シリーズを遡るほどリーチ目もしっかり用意されていました。「昔のエヴァはリーチ目が出て良かった」と思う人も多いことでしょう。

で、そんなことを言う人の大半は、弱い演出でシレっと上段のリプレイがハズれてるのとかが印象に残っているハズです。液晶演出から「こりゃもらったでしょ」という時は、何かのボーナスを狙いにいって、違う種別のボーナスだったからリーチ目になってるだけのこと。当たってるだろうからレアなリーチ目をビタで狙ってみる……という楽しみ方もありますけどね。

というか、こんだけ「リーチ目」という言葉を書くのも久々かも(笑)。

最近は「レア小役の強弱が豊富=出目が豊富」と言われてしまう時代ですからね。個人的には、小役揃いは出目じゃないんですが。何も揃ってないけど、アツさが微妙に違ったりするのが出目というものです。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る