コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ノーマルタイプ4機種  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 ヱヴァンゲリヲン 〜生命の鼓動〜 ・不二子〜100億$の女神・ハッピージャグラー・アイムジャグラーAPEX
投資 ゲーム数 ボーナス
《エヴァ生命》
14000589スペシャル青BIG
0ヤメ
《不二子〜100億$の女神》
190スーパー赤BIG
230ヤメ
《ハッピージャグラー》
202ヤメ
《アイムジャグラーAPEX 1062ゲーム BIG2 REG4》
5000125BIG
11CB
84BIG
136BIG
29BIG
8CB
465CB
24CB
195CB
136BIG
94BIG
17BIG
89BIG
52ヤメ
総投資額 19000円
総獲得枚数 1341枚
換金額 26800円
収支 7800円

初対面の印象ですべてが決まってもおかしくない

疲れ果てたと感じた要因は…なんでしょうかね……うーん、『モンハン』だったような気がします。
こないだ打った『モンハン』……これで相当悪い展開を食らいまして。

その日はたった数時間で5万近く負けたわけですが、この負け方がひどすぎてですね。たとえばボーナスやらARTやらをなんとか引き当てていたにもかかわらず、それでも自分のヒキが弱くて上乗せできなかったり連チャンさせられなかったりしてコインが出せなかった……ってんならいいんですよ。
ところがこの日は、これだけお金を使ってボーナスもほぼ引けず、もちろんARTもほぼ引けず、ただただお金が飲まれただけ。楽しいと感じた瞬間など一ミリもなく、5万持っていかれただけ。
ここ最近の『北斗』の不調に追い打ちをかけるように『モンハン』で立て続けに憂き目にあって、それで最近……ARTが怖くなっちゃったんです。


こんな展開がね、珍しくないのは皆様もお分かりかと思います、最近の台は。
例えばこんな展開を食らってね、その人が初めて打った日にアホみたいに負けて、「この機種全然面白くない、もう二度と打ちたくない」……となったとしても、それはそれで、もうもやは正しい評価だと思います。
そこでまだ「しっかり打ち込んでみてから判断したほうが……」なんて、押し付ける必要もないわけですよ。しこたま負けて怖くなって、二度と打ちたくなくなって、実際に打たない。まぁ我々みたいな立場の人間は除外したとしても、打っているのは全員人間ですから。そりゃ当然の感想&意見です。正統なその機種に対する評価だと思います。


そろそろ感覚を、修正しませんか。

ART機は、そういう「一瞬で嫌われる」というリスクありきで、世に登場すべき機種だと思います。

たしかに今のプレイヤーは大きく勝つことにも大きく負けることにも慣れてきているかもしれません。
でもプレイヤーの多くが、限られたお金の中でその機種を楽しもうとしている。だからその限られたお金……その単位が無制限の人しか楽しめないようなスペックをこれ以上排出し続けると、どんなにゲーム性が優れていたとしてもそれはきっと短命に終わる……といった現象が続くことになるでしょう。
そして最近出てきている機種のように、たとえ設定6でも投資が4万にも5万にも膨らむようなことがザラにある機種が出続けたら、より一層打ち手を選ぶことになりかねません。そうなると、プレイヤーの「愛想」も尽きかねませんよね。

早い人はすでに、もう溜息を吐いている頃かと思います。
そしてかくいう自分も、溜息をつき始めました。

何を打っても似たようなゲーム性。そしてどんどん意味がなくなる設定。
「設定の意味がない出方するよねー」ってセリフ。ここ最近はとくによく聞きます。
ですがこのセリフ、いい意味に捉えられる場合と悪い意味に捉えられる場合があるんですよね。
どっちの意味に捉えられるかは、実際にホールに導入されてみて稼働が付いてみないとわからない部分も多い……ですが、いい意味で捉えられている機種は、必ず名機としてロングランをしているように思います。
逆の機種のその後の運命は……まぁいわずもがな……ですよね。

皆様の身近にある機種……どちらに捉えられているか……想像しながら打ってみてください。
そして自分はそれを想像しながら機種を選ぼうとしたら……最近、打つ機種がなくなりました(笑)。
まぁだからといってノーマルタイプを打っていれば安心なのか……といわれると、逆に危険なような気もしますけどね。でもまぁ……今は、ちょっと落ち着きたいんですよ。

『APEX』の設定5でも、普通に楽しく打てるんだなぁ……って、そういう感覚、忘れていませんか?

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る