コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『SOLAR7』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『SOLAR7』
投資 ゲーム数 ボーナス
2K40白BIG:チェ
122REG:単独
RT50
39REG:チェ
RT50
6K303白BIG:単独
21青BIG:チェ
RT50
1K492白BIG:単独
RT150
135REG:スイカ
RT50
46白BIG:スイカ
RT150
271REG:スイカ
120白BIG:単独
RT50
42白BIG:チェ
311白BIG:スイカ
60白BIG:確チェ
RT50
55青BIG:チェ
RT150
109白BIG:スイカ
51REG:チェ
132ヤメ
総ゲーム数:2349G
青BIG回数:2回(1/1174.5)
白BIG回数:9回(1/261.0)
REG回数:5回(1/469.8)
合成:16回(1/146.8)
RT突入回数:9回(56.3%)
RT中ハズレ率:1/5.99
ベル確率:1/13.5
チェリー確率:1/67.1
スイカ確率:1/65.3
総投資額 9000円
総獲得枚数 953枚
換金額 19000円
収支 10000円

(楽しみを)ねだるな勝ち取れ!

どういう機種かを軽く説明しておきます。ボーナス後1Gのみ50G or 150GのRTに1/2で突入するのみ。至ってシンプルです。RTもゲーム数やストック数の上乗せはありません。さらにボーナスが成立したら終了します。以上です!

大昔のユニバーサル系の『アステカ』が好きだった人が作ったんだろうな……という感じです。ボーナス後のレバー操作時にはフリーズして、ルーレットでRT突入か否かを告知します。アステカルーレットにもあったような、RT当たりゾーンだけゆっくり光が走ったりするのもアリ。あ、その周回は長いとRT。短めだとスカでした。そこまで同じ(笑)。あと、RT中のボーナスにプツッと音が消えるのも実に良かったです。


さてさて。昔話をしたいんじゃありません。「一般受けする機種ではない」と前項で書いたことが本題だったり。それは、一撃を持ったART機じゃないから……などといったシステム面ではなく「演出」です。

『SOLAR7』の演出は、予告音とそこから発展することがある連続煽り程度のもの。しかも、予告音発生時はボーナスだけでなく、ハズレ・リプレイ・ベル・レア小役とスベての可能性があります。レア小役やボーナスの可能性が普段より高いから注意してね……くらいなもの。なお、私の少ない実戦ですが予告音なしのレア小役はボーナスと同時当選確定でした。あくまでも実戦上ね。

告知過多な機種に慣れすぎている今時の人には、意味がわからないと思います。告知が強いので、連続煽りなんてまず当たらないですから。私が連続煽りで当たったのは、連続煽り中に単独成立を偶然ヒイたもののみでした(笑)。

端的に言うと。こういった単独成立を見抜こうとリールを凝視する人には、むちゃくちゃ面白い台です。逆に、演出に期待感を高めることを求めている人には向かない台です。ART機の液晶演出のように、ずっと眺めて発展するのを待てば良い機種じゃないんで。

全役の可能性がある予告音。ならば、どこを押したら自分は楽しめる?

そういうことを考えたいマニアな人向けの機種です。全役あるなら通常時手順と同じで……という人にも向きません。ボーナスの期待度が変わるだけで、押し位置を変えるのも楽しみの1つです。あっ、『アステカ』っぽいRT告知演出を久々に見てみたいという気楽なケースを除きますよ〜。


ホントはね、こういう機種って連続煽りで当たらなくてイライラしてる人を「コイツ、わかってないな」と生温かく見守る楽しみもあったりするんですが。技術介入全盛期はみんなやってたでしょ? でも、なんせ設置台数が少なく。私もバラエティの1台を「せっかく来たから2万負けるまでは続行」なんてな感じで打つハメになってしまいました(笑)。

不満もありますよ

順押しなり、同時当選レア役の一部などを見抜ける逆押しなり。基本は、レア小役 or 煽り演出第一段階の時にボーナス察知をすることになります。左リール下段に白7を止めて、右下段にBAR狙い。これで白BIGとREGの両方をカバー。小役がWテンパイしてハズれたら青BIGです。白BIGとREGがハズレと同型というのがコンセプトっぽいので、これが効率的。でも、効率的なだけにソレばっかりになっちゃうんですね。『ヱヴァ生命』のMAGIモードでやってることとほぼ一緒ですな(笑)。

ということで、実戦で感じた不満点も(汗)。

逆押しレア小役狙い&効率ボーナス察知があるから、3枚捨ててでも順押しでリーチ目を楽しもう。時には、予告音時も順押ししてやろう……なんて考えても、感涙するような押し位置がなかったのが残念。面白い位置もあるのかもしれませんが、確定役のデカチ……じゃなかった太陽揃いをカバーするとしたら、限られちゃうんですよね。

枠内チェリー狙いだと、ボーナスに気付くのは中 or 右リールの太陽絵柄停止くらい。白7を下段にビタっちゃうと予告音発生時はどうしてもボーナスを狙いに行ってしまいます。もう1つのチェリーは、下段にビタらないとスイカまで届かないため毎ゲームのように押すのはリスクが高いです。

そこで試したのが、敢えての左リール枠下白7狙いだったんですが、白BIG成立時もハズレと同型になりまして。わざわざビタでボーナスを揃えられない位置を押すのは3枚のロスで出目を買うマニアくらい。『クランキーコンドル』でもマニア目が出る場所(チェリーこぼすけど)と認知されていた「リベス」の配列だし、ココくらいはスパッとリーチ目を出しても良かったんじゃないかなと。単一制御でもイケるハズ。中押しの停止形はチェックしきれてませんが。


あと、もう1つはRT中のハズレが多すぎること。12枚小役は波が大きすぎます。この機種を好んで打ってくれそうな人は、RTでうっかり大量に増えることは期待していません。減るRTとなってしまうリスクを下げるべきかな……と。もちろん、設定差もあるかもしれません。でも、なかなか高設定を入れてくれないバラエティ導入となることはハナっからわかってるハズ。ボーナスが主役の機種って、メイン役の確率を上げるために、払い出し枚数は減らしていく傾向にあるじゃないですか。


……って、褒めてるんだか文句書いてるんだか、わからなくなってきました。それだけマジメに「楽しむこと」のみを考えて打ったということで。つまらなかったら、2回も追加投資しないですよ(笑)。うん、ここまでアツく内容からの好みを語れる機種が増えて欲しいもんです。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る