> > 『ハッピージャグラー』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハッピージャグラー』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 2年ほど前は主戦にするような時期もありましたが、そういや『ハッピージャグラー』を取り上げるのは久々だったり。まあ、取り上げると言っても新しいことは何一つないんですが(笑)。そんなわけで、なぜ久々となったのかを考えてみたいと思います。

『ニューアイム』が登場したこともありますが、ジャグ系を打つのは『アイム』系に偏ってきています。稼働がソコソコ保たれているため、お賽銭を入れても良いと思えるレベルの空き台を見つけやすいのが唯一にして最大の理由。

かといって、設定6である確率は相当に低いでしょう。広告規制以降「確実に設定6が何台も入る」なんて思える営業をしているホールを探すのも困難になりました。今まで頑張っていたホールも設定6をなくす代わりに中間を多めにしての営業が増えているように思えます。

以前からも書いているように、『アイム』系は朝イチから高確率で設定6に座れるような状況でのみ打てる機種。そうでなければ、設定4以上が濃厚になったデータの空き台を「食いついてくれたら続行、そうでなかったら早期撤収」でお付き合いするしかありません。

この設定を1ランク下げられるのが、ややスペックの高い『ハッピージャグラー』と『マイジャグラー』。朝から打ちまくっていた時期は、設定4 or 5ですが狙い台を絞れていたんです。そのホールがダメになってから……ですね。打つ回数が激減したのは。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る