コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

荒川沖センターの跡地  
 

実戦データ
店舗名 荒川沖・BELL4
換金率 -
遊技ルール -
機種名 ネオン物語
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額 -
総獲得枚数 -
換金額 -
収支 -

名店の跡地

さてさて、この「BELL4」。2006年の「みなし機撤去問題」に伴って惜しくも閉店してしまった荒川沖センターというホールの跡地だったりします。レトロ台を探して打っていた人ならば、一度は名前を聞いたことがあるお店でしょう。鮎さんにとっても、思い出のお店。そういう場所で、パチンコ・パチスロに関わる店をオープンできるってのは、ロマンを感じますね。

しかし、その時期の私は、神奈川のレトロ台巡りで忙しく。長後の『エスプ』とか、上大岡の『ビガー』とか、東海大学前のニューオオネさんとか。残念ながら荒川沖センターには現役時代に行けなかったんです。その行きたかったけど行けなかったお店に、違う形でも足を運べるのは嬉しい限りです。


こういう感情を抱かせてくれるホールって、ホント減りましたよね。競争が激しくなったので、出る出ない関係なく……とか、アマっちょろいことを言えるホールは、既に潰れてしまったからなのかもしれませんが。かといって、出るホールも見つけるのが難しいんですけど(笑)。

どのホールに行っても同じようなラインナップと小綺麗な設備ですし。一時期勝たせてもらったホールとかが潰れてもなんとも思わないもんな。正直なところ、好きなホールと思えるところ、5軒ないかも。好きだったけど潰れちゃったホールは、50軒近くありますが(汗)。

台の寿命も短いですし、短くなって当然の営業をしているところばかり。人並みはずれた努力(情報収集)をしない限り、朝から毎日ガッツリ打ち続けることは困難でしょう。私も今、完全にそうなってますが「チョイチョイとつまみ食い」するような打ち方をされることが……ホールだけでなく作り手のメーカー側も前提にしています。

じっくりと1機種を追いかけて打つことが難しくなれば、それだけ「そのホールの空気を吸う時間」も減ることになります。同じような「つまみ食い」って、同じホールでしか打たないのを除けば、どこで打っても同じでしょ。そのホールであることよりも、打てる空き台があるかどうかだけが重要になるんで。


なんて、昔ながらの板張りが残っている店内を見て思いました(笑)。

『ネオン物語』をチョロ打ち

中古実機店ということで、珍しい台もチラホラ。売り物でない店長私物も多いんですけど(笑)。

ええ、すみません。実戦データを採ってませんが。その中から『ネオン物語』をチョイスして遊んでました。ボーナス終了後にRT突入のチャンス。RT終了後はループする可能性あり。シンプルなゲーム性の機種です。ループするのを除けば、前に取り上げた『SOLAR7』に近いかも。

現在の全国設置は1軒のみ!? 既に3年前くらいの台で、そもそもほとんど導入されなかった超レア台なので詳細は割愛しますが。夜の街・キャバクラがモチーフなのに、垢抜けたキャラが誰もいなかったり。ボーナス絵柄に描かれているのが、女の子ではなくお客さんの会社員だったり。液晶演出も含め、実にチープというか……(汗)。

でも。リール制御はむっちゃ面白いんです。ボーナス優先制御なので、いろいろ考えて打てます。変則押しをすれば、赤系ボーナスと同時成立しなかった1枚を獲得できますし、ボーナス察知も早くすることができます。別に演出はチープだろうが豪華だろうが一切関係ありません(笑)。


さてさて、次回「BELL4」に遊びに行った時は、新しめの機種の設定6データでも取らせてもらおうかな。最近、派手な展開を臨むべくもない勝負ばかりしてますし(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る