コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ニューパルサーSP』『鉄のラインバレル』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 5.6枚交換
遊技ルール -
機種名 ニューパルサーSP
投資 ゲーム数 ボーナス
投資ゲーム数ボーナス
3000122BIG
12BIG
6BIG
117REG
270BIG
8BIG
45BIG
31REG
175BIG
56REG
8REG
78REG
125REG
43BIG
142BIG
240ヤメ
総投資額 3000円
総獲得枚数 1614枚
換金額 28800円
収支 25800円

『クロガネ』、いいじゃないですか

疲れ果てていてパチスロを極端に受け付けない体になってしまっているときは……なるべく刺激のある機種を打つようにしています。

例えば心の底から好きな機種とか、あるいは未だ触ったことも無い新機種とか。
後者はとくに、例え結果的にあまり琴線に触れなかった……なんていうような機種であっても2000ゲーム以上は間が持ちますね。特にあまり中身を知らずにいろいろ考えながら打つことは、どんな機種でもどんな時代でも楽しいものです。

先日『鉄のラインバレル』を打つ機会がありました。
ぶっちゃけホールでの動きを見ていると早くもお客さんが飛びかけている印象もあるこの機種。すでに打ったことのある他の人に聞いた話でもあまりいい評判は聞かなかった機種ですが……いやいやそうですかね、なかなか面白いじゃありませんか。

最初の1時間くらいは何が起きたかも分からないような中で打っていたためにつまらなく感じている部分もありましたが、少しずつ演出と内部システムを自分の中で解きほぐして理解していくうちに、その面白さに気が付いてきました。
正直この機種は、ちょっとやそっと打ってみたくらいでは良さに気が付きにくい機種ですよね。特に最近の打ち手は頭を使いながら打つことを怠けている傾向が見て取れますから。ちょっと打ってブン投げてつまらなかった……そういう評価になりやすいために今の稼動状況はあまりよくないかもしれませんが、内部システムが完全にあらわになったとき、もう一度飛びついてくる客層もあるかもしれませんね。

『ブラックラグーン』はもちろんのこと『猿』にしても、このメーカーさんの開発の方はそうとう頭の切れる方なんじゃないかと予想してみたり。いやはや、面白いメーカーさんが現れたものです。


久々にバラエティーが打ちたい

ただ、世間で評価されていない機種に惚れてしまうと、それはやはり危険だということも認識しておかなければなりません。
なにせ評価されていないということはホールからの評判も良くは無く、必然的に設定を入れる対象機種にはなりにくくなりますからね。
手を出してみたら全台低設定……なんてことも十分に考えられますから。

とくにバラエティーコーナーにて惚れ込む機種に出会ってしまった場合などは、要注意。基本たいがいのお店は低設定オンパレードのコーナーですからね。「ひょっとしたら中間くらいは……」なんていう思いが身を……いえ、財布を蹴散らすことになりかねませんからね。

そういえば最近、バラエティーコーナーで設定を使っている店って……また減りましたよね。
5号機初期のころはそこそこ設定もあったように思うんですが、最近はどちらかというとメインを張りかけていた機種がハズされてバラエティーに転がってくることが増えてきたからでしょうか……そのバラエティーに設置された機種を大事に扱おうというホールの意思が見えません。
とりあえずなんとなくバラエティー好きの固定客を囲えて入ればいいや…なんていう雰囲気がありありと見えています。特に萌えスロを多く設置することにこだわっているバラエティーコーナーは……一番危険に見えます(笑)。

久々にバラエティーコーナーで好きな機種でものんびり打つような時間をすごしてみたいよなぁ……。
そういう時間をすごせているときは……同じゲーム数を回していても「スロ疲れ」ってのが出てこないですしね。
昔どころで言えば『初代リンかけ』に『スパイダーマン』、最近なら『真田純勇士すぺしゃる』に『天』、このあたりを一日堪能するような機会がどこかで来ないかな……。設定3あたりで(笑)。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る