コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

お盆休み  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『マイジャグラーII』他
投資 ゲーム数 ボーナス
『マイジャグラーII』
1K12REG
4K223REG
2K145BIG
1K254BIG
130台移動
『マイジャグラーII』
2K162BIG
70BIG
265REG
145BIG
21BIG
79BIG
64BIG
202REG
185REG
24REG
391BIG
130ヤメ
総ゲーム数:2502G
総BIG回数:9回(1/278.0)
総CB回数:6回(1/417.0)
合成:15回(1/166.8)
総投資額 10000円
総獲得枚数 412枚
換金額 800円
収支 −2000円

5号機のハマリ

5号機になって、このようなハマリが話題になることって減りましたよね。それは私も同様で。天井を見据えて打つ機種以外では、極端なハマリがご無沙汰です。そりゃ、適当に座って全ツッパしたら、そのうち大ハマリできますが(汗)。もちろん、ハマらないに越したことはないんですよ。でも、それ以上に問題だと思うのが「ハマっても仕方ない」と思える環境で打てることが極端になくなってしまたことです。

原因はいろいろあります。まず、最近のART機は深くても1500G程度に天井があること。そして、裏モノの壊滅により「ハマル台=低設定台」という図式が成り立ちやすくなったので回さない……なんてのが表面的な事象。ただ、一番のポイントは「設定をわかって打つ機会が減少した」ことに尽きると思います。

ARTやストックといった付加機能が搭載される以前は、設定6確定台でハマるのが美徳とすらされていました。どの機種も似たようなボーナス確率とスペックだったこともあり、いかに「高設定台で期待値を稼ぐか」が重要視されていたもので。高設定を掴んだらどんな展開になっても「心が折れない」という意志の強さの表れでもあります。

そんな往年の機種のように、設定がわかりやすいでもなく。等価交換店が大半という状況で高設定を入れられる台数も大幅に減り。追い打ちのように、広告規制で設定状況の公開も難しくなり。一般ユーザーが設定を意識して打てるケースは、ほぼないでしょう。設定推測要素はいろいろありますが、ズバリと設定が当たることは稀。また、一発の確定要素もありますが……確率は低いですよね(笑)。

従って、ヒット&アウェイ的な立ち回りが多くなり、ハマりたくてもハマれなくなってしまいます。いや、中ハマリはヤマのように喰らいますけど。それも、それなりの確率で当たっている台を持ちコインで打てている時に限りますね。

ハマれることは幸せだ!

ということで、相も変わらずジャグ系のヒット&アウェー。ヒットすれば良いんですがね。ヒットせずに諦めるパターンも続出してしまうのが痛いところ。ある程度は、過去の経験則から遊ばせてくれるホールを選んでいますが、そもそも確実に設定状況がバッチリで狙い台も絞れるなら朝から粘るワケでして。

そんなわけで、徐々に増えてきた『マイジャグラー2』を打つことになりそうです。やはり、単なる『アイジャグ』系はキツいんで(笑)。

最初に打った台は、細かい追加投資をしまくっていますが、合成が1/130ほどの台だったものでして。それでも、大ハマリとなるまでは深追いしませんよ。たまたま前任者がヒイてしまった可能性もあり。ただ、導入から間もないので……なんて考慮すると、中間設定くらいなのかなと。それは移動先も同じ。メリハリではなく、全体的に遊ばせる傾向のホールでの深追いは厳禁でしょ。

……なんて、冷めた目で見ながら打っている現状から早く抜け出したいものです。パチスロ好きの人間にとって、ハマれるのって幸せなことだと思うんですよ。信頼できるホールで好きな機種を打ててる証拠ですから。もちろん、意味もわからず打ってるとか、勘違いで猛進してしまうのを除きますけど(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る