コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ桃太郎電鉄』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 パチスロ桃太郎電鉄
投資 ゲーム数 ボーナス
200049BIG
194BIG
57CB
324BIG
2000224CB
36CB
44BIG
81BIG
13CB
321BIG
70CB
53CB
71CB
238CB
29CB
95CB
236CB
84BIG
89CB
27BIG
334BIG
37BIG
167CB
141やめ
総投資額 4000円
総獲得枚数 634枚
換金額 12500円
収支 8500円

久々に楽しいパチスロを打ちました

先日、『桃太郎電鉄』を打つ機会がありました。

来店取材でのパチスロだったんですが、バラエティーコーナーに設置されていたこの懐かしの機種に、まさかの設定まで期待できるとは思いもしませんでした。
朝の並びの時に常連さんと話していたらバラエティーにも設定を入れるということだったので、もともと初代『リンかけ』に次いで好きな5号機機種ということもあって軽い気持ちで打ち出したんですが、ここまで軽快にボーナスが当たってくれる『桃鉄』を、こんな時期に打つことができるとは思いませんでしたよ。非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

そういえばこのコラムを書きだしたのは5号機の開始からちょっと経ったくらいの時期でしたでしょうか。
そのころは今に比べるとはるかに、バラエティーコーナーでよく立ち回っていた気がします。
逆に言えば今はバラエティーコーナーのパチスロを触ること自体、ほぼなくなったような気がします。
その理由はもちろん……「設定がなくなったから」に他ならないんですが、あのころよりも今のほうがはるかに、バラエティーコーナーでの設定に期待したい時期なんですけどね。どこの店でパチスロを打っても『北斗・番長・ジャグラー』一色になってしまい、文字通りバラエティーに富んでいないわけですからね。


設定のあるバラエティーは夢の島

なぜ今はバラエティーコーナーに設定が期待できなくなってしまったんだろう……そう考えていたら、バラエティーコーナーに設定がなくなったのではなく、以前はたまたまバラエティーコーナーに設定が入っていただけ……ということに気が付きました。

というのも、5号機が登場したばかりの時期はまだ今のようにホールにあるのが当たり前のような人気機種がそれほど出ておらず、また、『リンかけ』や『スパイダーマン』といったハイスペック機種がその中でも人気機種だったわけですが、文字通りハイスペックなわけですから……もちろんそこまで高い設定を入れることもできなかったわけです。
そうなると設定が入るのは『ジャグラー』や『バラエティー』などといった部類になるわけで、そのためにバラエティーコーナーで今以上に楽しむことができたわけです。

久々に打てたバラエティーコーナーでのパチスロは、普段そこまで楽しいと思って打ってはいないパチスロを、ちょっと楽しいものに見せてくれました。
自分の『桃鉄』が設定5以上だな……と確信した途端、後ろの『ルパン』や隣の『ゴッド』が高設定に見えてきたり、久々にそういった機種の高設定の挙動をこの目で見ることができたり。本当なら最後の時間までその場で打っていたかったんですが、自力では帰ることができないような場所だったために泣く泣く夕方で断念。せっかくバケ地獄から復活しそうな気配の展開だったところなんだけどなぁ……まぁ、楽しかったから良しとしましょう。

そういえばバラエティーコーナーだけは店のセンスが出ますよね。
最近の機種で外れたばかりのものをただ定期的に入れ替えているような店は×。昔から人気があった台だけを厳選して残しているようなホール、またはそういった機種と外れたばかりの機種を織り交ぜて入れているような店で、さらに設定が入っている店……そんな店があれば、毎日でも通いたいものです。
まぁここ最近の店回りでは、全然見当たらなかったですけどね。ま、明日も『番長』か。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る