コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ドンちゃん祭』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ドンちゃん祭
投資 ゲーム数 ボーナス
2K46ドンBB:中チェ
11赤BB:確チェ
8赤BB:弱ス(準備中)
(14ART×3
146RB:強チェ
120赤BB:強チェ
BB中ドン揃い
(12ART×2
中チェで金花火玉
(131ART:強チェ?
217
総投資額 2000円
総獲得枚数 343枚
換金額 6500円
収支 4500円

BIGではなくBB

枚数が出るボーナスはBIGで、少ないボーナスはREG。最近の機種ほぼすべては、こんなザックリした役構成の表示になっています。……なんですが。『ドンちゃん祭』の小冊子などを見て欲しいんですが。BIGではなくBB。REGではなくRBと表記されています。

パチスロメーカーは、かくあるべき。そう思うんです。だって『ドンちゃん祭』にBIGとREGは搭載されていないんですもの。BBもRBも、正確には「第二種特別役物(2種BB・CB)」となっています。5号機ならではの面白いことをできるボーナスを軸にしたゲーム性なんです。第二種特別役物をすべて解説すると数回の連載となってしまうので、お祭りBBに関わる部分だけにさせてください。

第二種特別役物は、本当に面白いです。ボーナスなんですが、その前のRT状態を引き継ぐことができます。『ゴレンジャー』のようにRT貫通型にすることも可能。『ドンちゃん祭』は、ボーナス終了後に通常状態へ陥落してしまうんですが、ボーナス中まではRT状態を引き継いでいます。これがポイント。

通常BB・お祭りBB中も、順押ししていれば毎ゲーム小役が揃ってくれます。ただ、内部的にはリプレイが成立していることもあるんですね。でも、第二種特別役物の最中なので小役を優先してくれているだけ(機種によってはリプレイを優先するのもありますよ)です。

このリプレイが何種類もあったら?

成立したリプレイごとに、リール制御を微妙に変えることも可能なんです。「上段ドンテンパイ・トリプルテンパイ・下段テンパイ」の3種類に「揃う・ハズれる」の2パターン。少なくとも合計6つ以上のリプレイがあることになります。

リプレイの確率は、通常時とRT中は違って当然。つまり、この6パターンのうち当たりの3パターンも少なくなって当然です。だから、ART突入が確定している準備中といえど、ドン揃い確率は上がってくれないのです。即連は損なのです!

ちなみに、ART終了後の余韻(陥落待ち)状態のBBが、お祭りBBになるかは不明です。内部的には、ドン揃いの確率は高くなっていますけどね。「ドン揃い=上乗せ確定」としなくて問題ありません。ゲーム数・ストック数などARTの上乗せは、何もヒカずとも抽選できます。逆に、ペナルティ時などはヒイたところで抽選しないことも可能なんですから。

なので、BB中に変則押しをして小役をハズしても意味ないですからね。抽選するのは26G目まで。それ以降は、ドン揃い成立時も無演出。揃っても無演出です(笑)。


もひとつ、ちなみに。『戦国BASARA』のバサラ目も、同じ第二種特別役物の使い方ですよ。ボーナスとしてコインを大幅に増やすか、そうでないかの違いだけです。

ARTが遠いね

今回は、珍しく朝イチからでして。その後にジャグを彷徨って+10Kほどになったんですが、特に語ることもないのでデータは割愛させて頂きます。

チョクチョクとチョロ打ちはしてまして。上乗せ演出が何もないのに、ART8連とかも経験しました。そんなツボにハマると凄い感じなので、初当たりが厳しい感じですね。あ、その8連の時もお祭りBBをヒケずに凄くなりませんでしたが(笑)。

それにして、中段チェリー……は良いとして、斜め舞もスカることスカること。まだ低設定ばかり打たされているからかもしれませんけどね。今回ヤメた理由も、まさにソレ。蓋を開けてみたら設定差がない部分かもしれませんが、気分の良いものではなく。「高設定かも」でズルズルと低設定を打たされるほうが、「低設定かも」で高設定を捨てるよりキツいと考える性格もありますが。

何より。新装から順繰りに回数がツイてる台が動いていまして。最後まで残った台だっただけのこと。こんな薄い根拠では、追うに追えません(笑)。

あ、ちなみに。確定チェリーは、「躍動の緑」止まり。舞妓さんがいっぱい並んで出てきました。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る