コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

外から見る新機種  
 

実戦データ
店舗名
換金率
遊技ルール
機種名
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支

取りきれずやめ……に気をつけて!

ほとんど毎日パチスロを見ているにもかかわらず、打った日は数日だけ……そんな日が続く中、やはり注目して見ていたのは先にも書いた『花の慶次』と『キュロゴス2』の2機種。どちらも現在では高稼働を保っておりますが、聞く話によるとどちらも『辛い』とのこと。
まぁ『キュロゴス2』に関してはまだ稼働してからまもないためになんとも言えませんが、ホールで見ている限り、『慶次』に関してはそのセリフが妙に納得できるほどの出玉状況になっています。

とにかくボーナスもART初当たりも重い『慶次』は、吸い込みが激しい印象。もちろんその逆に出るときは出る仕様ですが、その差が激しく、シマで一台くらい万枚が出てもその他の機種の吸い込みっぷりで元が取れてしまうといった機種であります。
機械割にもあれが正解ならば割と申し分のないところはありますが、いかんせんあまりにも大きい上乗せに出玉を頼り切る感があるため、低設定にしろ高設定にしろ、「閉店取りきれず」の光景をよく見るように感じるのがこの機種の悪いところ。
せっかく期待値以上のものを手に入れたのにも関わらず、時間切れにより期待値以下の分しか取れないで終わる……これでは勝てるものも勝てないだけでなく、負ける設定を打たされた時の被害も尋常なものじゃないことになりますものね。
パチンコの慶次のスペックにも負けないくらいの印象を持てるから、この上乗せ特化ゾーンに頼り切るスペックもアリだとは思いますが、個人的にはちょっと打ちづらい機種です。
でもホールを見ているととにかく稼動もいいので、機種としては成功のたぐいでしょうね。設定が入るようになったら、打ち込んでみたいものです。


一番打ちたかったけど、一度も打たずになくなりそう

さて、一方の『キュロゴス2』ですが、ゲーム数管理を基調としたゲーム性となっているため好き嫌いは分かれそうです。ちなみに私は……嫌いな部類です。
ですがビジュアルもよく、台とキャラクターの持つ雰囲気が楽しげな機種を想像させてくれますから稼働はよろしいようで。ただ、稼働の高さほどの出玉をまだあまり見かけておりませんので、こちらもちょっと辛めか……もしくはホールが設定をろくに使っていないかの二択でしょうね。

どちらかというと個人的には後者のように感じます。
今のホール関係者には若い人も多いから「キュロゴスってなに?」と感じてオリジナルキャラクターに魅力を感じなかったからか、もしくは昔を知っているホール関係者が「キュロゴスなのにノーマルタイプじゃないの?」と萎えたからかは理由はわかりませんが、導入台数が少ないホールが圧倒的に多く、そのため設定を入れる余裕もないのではないかと。
だったら導入なんかしなきゃいいのに……と声を大にして言いたいところですが、いくら正しい、理想的な台の買い方を説いたところで今のホールには暖簾に腕押しでしょうからまぁそれはいいとしましょう。
いずれにせよこちらも、今後の展開を考慮すると、よほどのことがない限り設定狙いでは打ちにくそうな機種ですね。
ただやっぱり……あの4号機キュロゴスが好きだったんですよ、ホント好きだったんですよ。だからつい……打ってしまいそうなのが怖いところです。

さてこのあと年末にかけて、『秘宝伝』、『バイオハザード』といったビッグタイトルが目白押しとなり、これらの機種と合わせてどのような稼働状況になっていくかが楽しみなところ。個人的には『ケータイ少女』が一番楽しみなので、きっと年末年始は外からパチスロコーナーを眺めることばかりになりそうです。

あ、そういえば……今回は『キン肉マン』の楽しさを書くんじゃなかったっけ? すっかり忘れてた……。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る