> > 『ドキッと!ビキニパイ2』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ドキッと!ビキニパイ2』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 『秘宝伝〜太陽を求める者達〜』が導入となりましたね。電車の吊革広告でも、大量導入を謳うホールさんの広告が目に飛び込んできます。昨日の新装初日の様子は見られなかったんですが、どんな雰囲気だったのか実に気になっておりまして。願望込みの推測ですが、2012年で最も打つ価値のある新装なんじゃないかと。いろいろな理由が重なりまくってます。

そもそも12月上旬は、年末年始の営業で、そのホールを選んでもらえるように出す期間となりやすいこと。また、ユーザー人口25%減少の一報直後。他のホールからお客さんを奪わないとマズいという危機感・競争意識が出てきているタイミングであるということ。これが一番大事なんですが、機械代を回収する前に稼働が剥がれる心配をしなくて済むタイトル&完成度であるということ。

なんて言いつつ、さすが年末進行という感じのスケジュールになってまして。私は、いつ初打ちができるんでしょうか(汗)。


ん〜〜イカンな。「完成度」という一言で片づけるのは。古文の先生が「趣のある文章」とか解説して生徒に伝わらないのと同じじゃん。跳ねる系のART機は、出玉性能と、それに見合うハマリ感かが重要なので(演出の煽り・間持たせも含む)、導入前は淡々と解説するようにしているんです。でも『秘宝伝〜太陽を求める者達〜』は、取材後も興奮が収まらず。「こりゃ凄い」しか、感想が出てこなかったんですね。

高確に行くまでの修行はあるでしょうよ。それも「だって『秘宝伝』だもん」の一言で済まされるのが目に見えてますし(笑)。ARTに入るまでのルートはわかりやすく。ARTに入ってからいろいろ炸裂するワクワク感。ほんっと「打ち上げ花火」みたいな台だな……と。普段は跳ねる系のART機を好まない私でも、ドキッとさせられたんです。

ドキッと……あ、今回の実戦は『ドキッと!ビキニパイ2』だった。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る