コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

目押しの上達法  
text by 佐々木 真
 
いやはや。ありがたいことにお仕事ラッシュ。低スペックな人間設定なもんで、ラッシュといってもコインは微増なんですけどね(笑)。……笑ってる場合ではありません。今週のプライベート稼働が、ゼロとなってしまいました。

本当は、どういう仕事をして忙しいのかとかを書ければ良いんですけど。守秘義務の誓約書にハンコを押すようなものもありまして。機種名はおろか、システムなどの仕様も詳しく書けませんが、メーカーさんのPVを作るのに協力を……ってな感じです。と言っても、私がドカンと登場はしません。回っているリールを止める手タレというか、打ち子的な役割です。

これが、けっこう難しいんですよ。もちろん、正面に座って押すのはそれなりの精度でできますが。映り込まないように、台の横やら下やらに潜り込んで目押ししなくてはならないのです。パチテレ!の「新台Watch@Slot」のロケでも、筐体の全体像がちゃんと写るよう、横に座ってますけどね。それも、かなりの精度を求められると厳しかったりします。

大昔は、妻が打っていた『大花火』を横から1コマハズシしたりしていたんですが。成功率は80%〜85%程度のものでしたな。3連ドンのアシスト75%よりかは、ちょっとマシな程度。

いかん。できないことばっかり書くと説得力がなくなる。今回は、目押しの上達法について書こうと思ったんだった(笑)。というか、こういうロケが重なって、改めて書きたくなったのです。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る