コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』の第一印象  
 

実戦データ
店舗名
換金率
遊技ルール
機種名
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支

コンテスト風味で正解!

初代『クランキーコンドル』と2代目『クランキーコンテスト』を知っている方でないと、これから書くことは理解できないかも。先に謝っておきます。すみません。でも、この2機種を知っている人間が語らねば、誰が語るのか……と、ワサビさんに言われて気が付きました(笑)。

リール配列を見た瞬間の印象は、あまりよろしくなかったです、ええ。なぜなら左リールに「スリス」がないから。『コンドル』も『コンテスト』も、そんな場所を押す人間は少なかったですが、その配列こそロマンだと思ってました。両機種とも、ヘンテコなリーチ目になるんですよ。それ以外の形は、見るからに美しいものばかりなのに。

しっかりと小役狙い手順をしていると単調になりがちじゃないですか?

特に5号機は小役補正機能がないので、取りこぼしは丸損となってしまいます。よって、難易度と効果を組み合わせたベスト手順が見つかったらそこを押し続ける人が多いです。もちろん、それは4号機でも同じ。『コンドル』と言えば、順押し青テン(青7上段テンパイの2確目)狙いの人だらけ。私も最初はそうでした。でも、そればっかりだと飽きます。どんな素晴らしいリーチ目を持った機種でも、絶対に飽きます。そうなった時に、どれだけ他の押し位置があるか……というのが重要。

それこそが、左リールの「スリス」だったんです。『コンテスト』もそうでした。普通の打ち方に飽きたところから、まだ調べたいとか挑戦できる押し位置だったということですね。ただ、ここを継承したところで……その良さをわかってくれる人は、全国に1000人居ないと思います(笑)。


中リールは、このご時世にメイン役のベルすら取りこぼすとかはあり得ないので、さておきます。お次は、右リールの配列。こちらは『コンテスト』にかなり近いですね。この時点で、右リール下段のコンドルは強くて青7は弱いんだろうなと。実際そうでしたが、ここで評価が上がりました。

『コンドル』と同じじゃないから、まだ探求する余地がある。特に『コンテスト』では、上段に青7をビタると意地悪制御でベルを取りこぼす危険があったため、青7側を押す人は少なかったですし。さらに、左リール上段コンドル狙い(『コンテスト』の基本形)をしてみたところ、ボーナス成立後でもハズレで止まるチャンス目となってしまうこともあったんです。これもまた好印象。

ちなみに、順押し青テン狙いをして青7がテンパイしなかったらノーチャンス。ヤメる時はここを狙っておくのが良いでしょう。ただ、そこばかりを押すと……飽きます(笑)。こう打てば絶対にリーチ目が出る……という場所だらけでは、奥深さって出てきません。もちろん、チャンス目だらけになってしまうと「効果のない押し位置」とも言えてしまうので、さじ加減は難しいんですけどね。

特に今回は、ハサミ打ちをすると2リール時点までではスイカも取りこぼしません。『コンドル』で順押し青7狙いをしていた人も、ハサミ打ちをすることになるのかな。それだけでも、出やすいリーチ目が変わってくるやも。

ということで、当時は『コンドル』ばかり打ってた人が、改めて『コンテスト』を打ってみる時のイメージに近くなるかもしれません。最近の5号機の中では低設定域の機械割が高いとはいえ、当時の『コンドル』並みにするのは不可能ですし。開発者の意図も、ここにあるような気がします。

他の押し位置候補も試したい

左リールを押した時点で、スイカとチェリーの両方をフォローできる範囲も広いです。チェリーを枠内に押す文化は、『コンドル』も『コンテスト』もあまりありませんでしたが(押してる人はマニアです)。今回は、そのあたりも攻めてみたいですね。

クランキーチャレンジ発生ゲーム以外で、中段チェリーをまだ見ていません。なので、4コマスベらせれば角チェリーとなるところも、第一停止の狙いどころになります。全小役をフォローしつつ中段赤7テンパイを拝むことも可能。ま、青7を下段に1コマで押してそのまま停止したら青7BIG確定とか、趣味が分かれるのは否定しませんけど。

ボーナス中の目押しは、難しいの一言で斬ってしまいましょう(笑)。

常に同じ確率でボーナスが抽選され、それをどう察知するか。どう当たる瞬間を迎えるのか。それをプレイヤーの趣味趣向で選ぶことができるリーチ目タイプ。これからもしっかり語っていきたいと思います。

人間は、変えた未来の中でしか生きられない。

リールが躍動し、一つ一つの出目で一喜一憂できる回胴式遊技機が、ちゃんと後世に残るように。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る