コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『マイジャグラーII』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 マイジャグラーII
投資 ゲーム数 ボーナス
『マイジャグラーII』
3K78CB
1K104CB
2K156BIG
12BIG
68BIG
35BIG
72BIG
266CB
8BIG
466台移動
『マイジャグラーII』
79BIG
181BIG
96BIG
351CB
19BIG
155ヤメ
総ゲーム数:2146G
総BIG回数:10回(1/214.6)
総CB回数:4回(1/536.5)
合成回数:14回(1/153.3)
総投資額 6000円
総獲得枚数 796枚
換金額 15500円
収支 9500円

機械割は1つ1つの積み重ね

まずは、わかりやすく『マイジャグラーII』の設定1を題材にしてみます。トータルの機械割は、1つ1つの積み重ね。BIGの機械割とCB(REG)の機械割。そして、通常時に払い出される小役の機械割の合計となります。そのどれも同じ数式。

(払い出し枚数)÷(確率分母)÷3=機械割

となります。払い出し枚数は、BIGなら325枚とか312枚とか。確率分母は1/287.4なら「1/」を除いた「287.4」となります。実際は、パチスロの乱数って65536が最大なので……

65536÷287.4=228.03062

こうやって228個がBIGの乱数と特定。

65536÷228=287.4386……

特定した乱数から、正確な確率分母を求めることが可能です。上のカラムで書いた『クランキーコレクション』の機械割は、ちゃんとここまでやってますよ。

で、最後の「÷3」。これは、3枚掛けだから。ということで、当てはめてみましょう。

312枚÷287.4386÷3=0.3618164

BIGのみの機械割は、36.18164%ですな。これと同じように、CB(REG)の機械割も計算すると8.04036%になりました。これと同様に、すべての小役も払い出し枚数と確率がわかれば、1つ1つ積み上げていけます。その合計がトータルの機械割となります。


しかし、導入時点では小役確率がわからないことが多いのも事実。トータルの機械割が公表されていた場合は、そこから逆算して想像するのもアリです。ボーナスの機械割を合計すると44.222%。メーカー発表では、トータルの機械割は95.7%となっていますから、残りの51.478%は通常時の小役で出てくることになります。

全設定でこういう計算をしてみて、小役の機械割を比較します。数字の差が大きいほど、小役確率に設定差がある……ということがわかります。もっとも、メーカー発表の機械割の算出条件は不明ですし、小数点以下の処理などもあるので、あくまでも目安ですが。

ちなみに、通常時の小役割が51.478%ということは「3枚×0.51478=1.54434枚」を払い出すことに。つまり、3枚入れて1Gを消化すると「3枚-1.54434枚=1.45567枚」減ります。極論すると、1.45567枚入れると1G回せることになりますね。じゃ、最後にもう1つ計算してみましょう。

50枚÷1.45567枚=34.35G

1000円は50枚ですから、34.35Gが1000円あたりの回転数ですね。設定差が大きい機種を見つけたら計算してみたくなるでしょ? 私が、いろいろ計算するようになったのも、そんな興味がきっかけでした。

プレミアムをヒケない男だから

「トータルの機械割−ボーナスの機械割」という方法で、1000円当たりの回転数を出せることがわかりました。では、ほかのものも差し引いてみましょう。

設定6のトータルの機械割が110.0%と発表されているART機で、プレミアム役は1/8192。それが成立すると500GのARTに突入。1Gあたりの増加枚数は2.0枚としてみましょう。「500G×2枚=1000枚」のボーナスを1/8192で抽選している。そういう解釈ができますね。

1000枚÷8192÷3=0.04069

これがプレミアムの分の機械割。これを全体の機械割から差し引きます。

1.100-0.04069=1.05931

1/8192をヒケない私みたいな体質の人は、105.931%が設定6の機械割ということになります(笑)。


いやいや、もっと低くなるんですよ。500GのARTを消化しているうちに、いろいろ上乗せも発生するでしょう。なので、詳細が判明するまでは「1/8192で期待値約2000枚」なんてキャッチコピーに頼ることも多いです。

そんなザックリした曖昧なものは、プライベートなブログでも皆さんにはお見せしませんけどね。あくまでも自分用です。そういった理由もあり、プレミアムを除いた機械割は攻略誌でもお目にかかれないかと。なのでね……計算式だけ書きましたから。皆さん、ご自分で把握してみてください(汗)。


こういう計算ができるようになると、詳細が出ないうちから正確な数字を予測しやすくなるボーナス主体タイプを打ちたくなるんですよ。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る