コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

1枚27000円なり 『クランキーコレクション』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 -
遊技ルール -
機種名 クランキーコレクション
投資 ゲーム数 ボーナス
【クランキーコレクション 1台目】
800枚525ヤメ
【クランキーコレクション 2台目】
800枚136青BIG
88REG
91REG
100枚333REG(チェリー)
150枚208REG
100枚167REG(ベル?)
21青BIG
211REG(ベル?)
7青BIG
452青BIG(羽根揃い)
33REG
208REG
165ヤメ
総投資額 貯メダル1350枚
総獲得枚数 0枚
換金額 0円
収支 -1350枚

私は順押し派です

まぁそんな屁理屈はさておき。うん、自分だってチェリー落としなんてたまにしかやってませんしね(笑)。
自分が楽しいと思う場所に神経を注いで打つ……これがこの機種には一番。たとえそれが効率の悪い打ち方でも、その人が楽しいのが一番です。ただ、ちょっと座って5000円くらい使ってヤメていくような楽しんでいるのかどうなのかわからないような人、6の可能性が消えたら席を立つような人のためには、ちゃんとチェリー落としの効率の良さを伝えなければと思いまして。ラクですよ、リーチ目も単調ですし。スイカもまずこぼさないし……ね。

さて、自分は効率半分、面白さ半分のバランス重視で「順押し」派。
左リール上段に鳥と青7を交互に狙って、中リールは目押し無し、タイミングだけで青7狙い。そこでコンマ2秒手を止めて、スイカがテンパってたら必ずスイカ or ボーナスになってますので、右にスイカを押す……と。
手が止まるのがスイカの時だけなのでプレイ効率は最良。さらに中リールを押した時点でほぼ出目が死なない(ほとんどの停止系でボーナスにも期待できる)ので、この手順を好んで使用しています。

そんな中、先日ハサミ打つ佐々木師匠に「ハサミ、めんどくないすか?」と聞いたところ、

「ハズレの可能性がある出目に、あえて中リールを狙って止まると気持ちいいんですよ」……という言葉。佐々木師匠は効率もわかった上で、「敢えて」その打ち方を選んでいるということですよね。自分のお好みかどうかは置いといて、非常に共感できます。

そういえば自分、「リーチ目を狙うと全然止まらない、無意識だと止まる」……という、GOGOランプにも似たオカルトがあったんでした。それを意識しだしてから、第3停止などをほとんど狙わない打ち方……今で言うこの順押し手順のような打ち方になったんでしたっけね。

上段に鳥を降臨させてやりたい

あ、もちろんハサミ打ちしないこともないですよ。チェリー落としだってします。ただそれは大半の中の1割くらいですかね。当たらない時なんかの息抜きとして使用しているだけ。だってまだ、順押しすら極めてないですからね。もっと言えば、あんなに押すところを限定されるクランキーチャレンジすら極めてない。
佐々木さんはハサミ打ちから、私は順押しから。お互いが一周したと感じた時は、今度は逆になっているかもしれませんね(笑)。

さて、前のページに載せた写真はクランキーチャレンジ時の中押し「青7BIG重複確定目」。以前にも出たことがあったんですが、その時は感動だけで……写真を撮るのを忘れまして。
今回はきっちり撮って帰ろうと思って打ってみたら、写真代が27000円になってしまったというお話。
その他にも中リール中下段にコンドルを押して赤7がスベってくる1確目(中チェ+赤BIG確定)などもすでに拝んでいるんですが、まだ拝んでいないものが一つ。

それは「中リール上段コンドル」の1確定目。コンドル揃いの時に青7を中段くらいに押すと、上段までコンドルがスベってくるんじゃないか……と仮説を立てているんですが、どうにも機会が訪れてくれません。この1確目を拝めれば、左と右にコンドルを狙うだけで15枚払い出し……の上段コンドル揃いという非常に美しい形が見られそうですからね。

『クラコレ』で唯一不満だったもの……それがコンドル揃いのBIGがなくなったということ。
仕方ないことではあるんですが、やはり残念に思ったので……ぜひ一度この上段に揃えてみたいんですよね。無事揃ったら、また写真でも載せます。

ちなみに逆押しなら右下がりには揃えられると思うんですが、やっぱり上段がいいんです。いいんです。こういうこだわりもなく、1で100%超えるからってだけで打つなら、チェリー落とししてますから(笑)。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る