コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.5  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 クランキーコレクション
投資 ゲーム数 ボーナス
3K55CB
78赤BIG
88青BIG
55CB:チ
145CB:羽
117CB
25青BIG:羽
325赤BIG
32CB
465CB
60赤BIG
32赤BIG
58青BIG
1CB
29CB:羽
28CB
265青BIG
67赤BIG:チ
97赤BIG
84CB
92赤BIG
162赤BIG
13CB
77CB:羽
39青BIG
3CB:羽
205青BIG
90赤BIG
101赤BIG
32ヤメ
総ゲーム数:2920G
BIG回数:16回(1/182.5)
CB回数:13回(1/224.6)
合成回数:29回(1/100.7)
総投資額 3000円
総獲得枚数 2859枚
換金額 57000円
収支 54000円

ハサミ打ちが好きな理由

私がハサミ打ちをメインにしている理由ですが。前回のワサビさんのコラムで書かれていたように「ハズレの可能性もある出目で狙ったリーチ目を止めた時の快感」というのも、もちろんあります。それに付け加えたいことが2つほど。まずは、それほど効率が悪いと思っていないということ。

順押しだと中リールを「2番目に」タイミングで狙うこととなりますが。ハサミ打ちでも「3番目に」タイミングで狙うことも可能なんじゃないかな……と。別のベクトルからも狙えますね。左リールはロータリーなので、それほど絵柄を見なくてもタイミングで押せます。で、右リール適当打ちしている間も含めて中リールのスイカを探す方法です。私は、この2つの中間かな。タイミングで来るのをわかってるスイカを念のために右を押してる時に確認してます。

順押しとハサミと、どちらのほうがミスを減らせるか。2リール目で手が止まりやすいってのも個人のクセが大きい部分なので、正解はないんですけどね(笑)。


もう1つ付け加えたいのは、ハサミ打ちのリーチ目検証です。『クラコレ』を打っている時は、成立ゲーム数やボーナス種別だけでなく、必ずボーナスに気付いた契機(CC・リーチ目)もメモしています。共通目だらけなのが現状ですが、BIG確定目とかを見つけられたら嬉しいな……と。って考えると、順押しの青7狙いはCB確定目が多すぎるんですよ。初代『コンドル』もそうでしたが。

パソコン版からしか見られないのかしらん。トップに課題目を1つ掲載しました。一応、言葉で説明しますと「左上段青7・中上段赤7・右枠上青7」です。

手が止まらなかったので全リール止まってしまいましたが、ハサミ打ちの「左上段青7・回転中・右枠上青7」時点で2リール確定のリーチ目。でも、青7がテンパイしてないのでCB確定っぽい。ですが、順押しで上段青7テンパイを作った時に、CBだけでなく赤BIGでも右リール枠上に青7が止まるじゃないですか。赤BIGの可能性はないのかな? あるとしたら、中リールはどの狙い方をしたら、赤BIG確定になるんだろう?

こういうことを考えるのが楽しいのです。ちなみに、初代『コンドル』では。ハサミ打っての2確やハズレorボーナス目が出た時に、枠上赤7を押してビタ止まったらREG。1コマスベって上段赤7停止でBIGというパターンだったんですが。2代目『コンテスト』は……知りません。私の打ち方では、左リール上段青7停止は成立後の1確だったんで、青7をブッこんでました(笑)。

ま、最終的には「俺的BIG期待度80%」とかくらい言えるようになりたいもんです。それまで、細かいリーチ目の解析は出ないで欲しいかな。課題目を見つけて、答えを出す過程が楽しいので。今のところBIG確定という出目もいつか裏切られるかもしれませんが、その時にガックリするのも考えている人だけに許された楽しみです。


初代『コンドル』や2代目『コンテスト』を打ったことがない世代だから……というものではないですよ。同じ機種でない限り、答えは違いますから。むしろ、ベテランが気付かないことを発見できたりするものです。それに、知らないほうが当たり前のことも発見となって楽しめますよ。ええ、私は『コンテスト』基本手順の知識不足に感謝しています。リーチ目は知ってても、BIG確とかまでは細かく覚えてないもんなあ。

『グランシエル』も継承している!?

過去機種の名前を出したところで。まだ書いてなかったリール制御の感想をば。初代『コンドル』・2代目『コンテスト』・5号機『コンドルX』と3機種の後継と言われていますが。ハサミ打ちをしているとこれ『グランシエル』じゃんと思うのです。

パパンと高速ハサミ打ちをして2リールを止める前提ですが。右リールが3コマ以上スベっての小役ハズレ目は、小役確定なんじゃないかと。それくらいリーチ目が出る際は、その場停止か2リールでの鉄板ハズレ目を回避する最低限のスベリが圧倒的に多いのです。2コマもリーチ目が出る箇所は少ないかな。個人的には、2コマスベリってスイカだらけな気がしてます。

右がスベるとボーナスはほぼ絶望ってのは『グランシエル』で左リール上段に鳥をビタらせた(0.2コマのスベリもアウト)時と同じなんですよ。スベった瞬間に「はいはい、小役ね」と思うのがまったく一緒でして(笑)。

でも、左上段鳥の右枠下青7の『コンテスト』のBIG確定目をショールームで拝んだ時は、右リールをスベらせて出しました。毎ゲーム青7を右リールに狙っていたので、ストップボタンを押す速度は遅め。それもあって、前提条件を書かせてもらいました。


第2リールのストップボタンを押した段階で1リール目の停止制御が完了していないと、確定できない部分が増える機種が過去にもあったものでして。「リールを停止させる速度によって、処理が変わることも考えられる」ってことですな。もちろん、ボーナス未成立時に鉄板リーチ目は出ませんよ。最低限の処理だけは、必ずやってくれます。出てしまったらバグです(笑)。ただし、スベリコマ数などの条件付きリーチ目は、条件を満たしていてもチャンス目以下に格下げとなることがあるので注意しましょう。

ということで、今回の『クラコレ』と『グランシエル』に共通した「スベると小役」という印象は、左リールの処理完了前に右リールを押した場合を想定しています。普通のリール制御プログラムと変化するかは不明ですがね。また、変化するとしたら解析などで出てくる基本制御ではなく、処理変更後のリール制御ということになります。

シマを見ているとみんな右リールを押すのが早いので(適当打ち)、私とほぼ同じ印象を持っていると思いますけどね。雑誌などに書いてある答えよりも、自分の打ち方でどうなるかのほうが重要。リーチ目もそうですけど、自分で発見していく楽しみがあるから、これだけ打っても飽きないのです。


そうそう、どうでも良いお知らせですが。すでにこの日の勝ちの大半を『クラコレ』で溶かしております(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る