> > 『パチスロ創聖のアクエリオンII』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ創聖のアクエリオンII』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 ギプスを付けた手でパチスロを打つのも慣れてきました。いや「コイツ何者? ゴト師?」という視線に慣れてきたといったほうが良いでしょう。むしろ、その視線を楽しむように視察するホールを増やしている最中です。ええ、打てるようになった時のための種蒔きですよ。

アツ目の旧イベント日などに朝イチから行って当たり台を探す……というのが、一般的なホール選びでしょう。効率はそのほうが良いです。でも、それだとホールがアツいほど人がウジャウジャ来ます。朝イチに居ないと勝負が終了しちゃったり。昼過ぎまで取材とかが入ってしまう私にとって、それは優良店じゃないんです。ハズレ台を掴まされる確率が高いだけですから。

なので、私はちょっと変化球なホール選びになってしまいます。

この日も新機種発表会帰りのホール視察。当然、この時期ですから『北斗の拳-転生の章-』の動向も確認しつつ……としたいんですが。私がチェックしているホールは、最速週に導入していないケースが多く。そりゃ、かつてのエヴァ系やジャグ系を大事にしてくれていたところばかり。AT機も『攻殻機動隊』しか稼働しない感じなので予想はできましたけどね。

その最速導入を見送ったホールの中に、最近メール配信の量が増えたところがありまして。以前も遊べる程度のホールでしたが、一貫性に欠けた導入機種選択を続けてしまったことにより、最近はお客さんの数自体が大幅に減ってしまい。私もすっかり足が遠のいていました。こういう変化があったケースは、チェックする必要ありですね。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る