コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ創聖のアクエリオンII』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 パチスロ創聖のアクエリオンII
投資 ゲーム数 ボーナス
アクエリオンII
1K28緑REG
42青REG
2K87青BIG
17ART30
68ART50
創聖モード(ストック×2)
2連目ART50
緑BIG
再開準備中不動モード(ストック×1)
創聖モード(ストック×5)
3連目ART70(上乗せ計+60)
創聖モード(ストック×4)
4連目ART30
5連目ART50(上乗せ+10)
6連目ART50
7連目ART50(上乗せ+30)
創星モード(ストック×6)
8連目ART30
9連目ART30(上乗せ+50)
緑BIG(7揃い)
10連目ART30
11連目ART50
12連目ART50
13連目ART50(上乗せ+50)
14連目ART70
15連目ART90(上乗せ+10)
青BIG
創聖モード(ストック×3)
16連目ART50(上乗せ+10)
緑REG
17連目ART30
18連目ART70(上乗せ計+40)
青BIG
19連目ART50
20連目ART30(上乗せ計+70)
青BIG
赤BIG(7揃い)
21連目ART50(上乗せ+100)
青REG
再開準備中緑BIG
22連目ART50
23連目ART50(上乗せ計+30)
緑REG(ストック×2)
24連目ART70(上乗せ+10)
緑BIG
25連目ART50(上乗せ計+50)
緑REG
26連目ART30(上乗せ計+50)
27連目ART50
スーパーBIG(ストック×3)
28連目ART30
29連目ART70(上乗せ計+40)
30連目ART90
31連目ART200
赤BIG
88ヤメ
総ゲーム数:3110G
スーパーBIG:1回(1/3110.0)
BIG回数:10回(1/311.0)
REG回数:6回(1/518.3)
ボーナス合成:16回(1/194.4)
ART消化G数:2370G
総投資額 3000円
総獲得枚数 5080枚
換金額 101500円
収支 +98500円

打つ打たないは別として考える

入店してみると、お客さんは微妙に増えていました。この増え方からして、高設定祭りでないことは確かでしょう(笑)。超シビアに見るなら、違うホールに向かうも良し。この程度の伝わりにくいアピールしかできていないのですから、資金面の余裕もないことでしょう。低貸しだけは盛り上がっているので、いずれは低貸し専門店になるか店自体を閉めると予想します(汗)。

「潰れるんじゃない?」くらいに思ってるホールで打とうと思うことは愚の骨頂。ですが、打つ打たないは別として、考えることに損はありません。むしろ、打てないと思ってる状況で考えることこそ、ホールの見方のバリエーションを増やせるチャンスなのです。

メールだけ増やしてズタボロな営業では逆効果なので、今は全体的に見て遊べる程度の調整にはしているはず。魅力的な新台入れ替えもないのに閉店間際のズタボロ営業だったら、お客さんが微妙でも増えることはないでしょう。では、どこに力を入れているのか? いろいろ考えていったら、候補はボーナス+ARTのシマしか残りませんでした。しかも、このホールの最新台でもある『創聖のアクエリオンII』の1択です。

どこまで上の設定を使っているかも不明で、設定があっても出るかは運勝負。そもそも設定を推測しやすい機種とも思えません。「考えただけムダだったかな」と諦めつつ過去履歴を見ていたら、跳ねたデータのものがチラホラ。稼働はそこまででないのにね。そして、シマ内で台移動する若者の姿も。ちゃんと見立てができる人が打っていたとも思えないのですが、ほかにも消去法で消える台あり。メール配信から営業方針の変更も予想されますが、このホールのクセも思い出しつつ……って、打ちたくなってしまいました。

ハタから様子は見ていましたが、打ち込むどころか1回もARTを消化したこともなく。勉強のために、ちょっとは打たないとって思ってた矢先でもあったのです。稼働を諦めつつあるホールも増えている中、わかりやすい告知もないのに『創聖のアクエリオンII』が結論として残ることなんて、今後間違いなくないでしょう。


PCの方は、左のデータが目に入っちゃってることかと。こういうのを「台に呼ばれた」っていうんでしょうね。考えるところまでは良しとして。マトモに立ち回りたい方、この「打つ」という決断はマネしないでください。ダメです、こんな無理矢理な思考で打ったら(笑)。

エスパーは序盤のみ

最初のARTこそ単発だったものの、引き戻してからすぐに創聖モードに。その後、効果的な創星モードも絡めて常に10個前後のストック表示をキープ。いろいろなものを見たり見なかったり。基礎部分は、閉店まで突っ走っておかしくないヒキだったと思うんですけどね。序盤に起きたことは、やはり奇跡だったと痛感させられましたよ(笑)。

ほとんど通常ゲームを消化できてないにも関わらず、ART再開準備状態で不動モードに入ったのは強いけど、上乗せたのはたったの1発だったり。ART15連目を超したあたりから付いてこなかったBIGも絶好調となって、BIG中の7揃いは2回ヒイたものの、ストーリー成功どころかフリーズすらせず(笑)。

ART再開準備状態でBIGをヒイたら創星ラッシュ上乗せのゲージが緑も満タンになって100G獲得できたり、ゲーム数上乗せもなかなか良き感じに。そんな最中で、液晶がプッシュン。1/16384のスーパーBIGです。上乗せはたったの3発で終わる逆エスパーな感じで終わりましたよ。とほほ(汗)。

なんてなのを経験して、稼働がイマイチなのも理解できたり。通常時は、強めのレア小役ハマリで何も起きる気がせず。ART中は、大量ストックを得られるのは一瞬で、そこからは己のヒキ弱部分と対峙することに。ARTストックもほぼ1個の振り分けばかりですし、なかなか出せるイメージが掴みにくいですな。まあ、それが『アクエリオン』らしいところだと思いますが。

それにしても、一撃5000枚は久々。骨折中の身にとっては、コイン投入の機会が少なくて実に助かりました(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る