コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

心では3万勝ち 『パチスロ創聖のアクエリオンII』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 『パチスロ創聖のアクエリオンII』
投資 ゲーム数 ボーナス
100027緑REG(ストック3個)
12ART50
50ART70(50ゲーム上乗せ)
120ART30
49緑REG
21ART再開
40緑REG
2000266ヤメ
台移動
3000258ART30
200086緑BIG(ストーリー成功)
37ART30(10ゲーム上乗せ)
1000271ART30(30ゲーム上乗せ ストック2個上乗せ)
60ART50
18緑BIG
27ART続き
69ART50(10ゲーム上乗せ ストック1個上乗せ)
22青REG
58ART続き(20ゲーム上乗せ)
120赤BIG
101青REG
591緑REG
100069ヤメ
総投資額 10000円
総獲得枚数 0枚
換金額 0円
収支 -10000円

いや、佐々木さんが伝えてください

思うんですが、私と佐々木師匠の体型、足して2で割ったらお互い健康体になるような気がします(笑)。パチスロの好きな機種の傾向とタバコの本数だけは、足して2で割っても足す前と同じ値になるくらい似ていると思うんですけどねぇ。なにせ最近、師匠まで『アクエリオン2』がお気に入りとのことですから。

聞けば「お気に入りなんだけどワサビさんより後に面白いって思っちゃったから今さら大っぴらに言えない、書けない」……とのこと。
いやいや師匠、もう思う存分書いてください。だって私、ものすごくよくできたデータを拾ってきてもコレ(今回のデータ)……ですよ? 『アクエリオン2』を打って1万円マイナスなら3万勝ちに等しい」……なんて本気で思ってるくらい勝ててないですから。だから相性の良い師匠にガッツリその面白さをお伝えしていただかないと、データ柱的にもどうにも説得力に欠けるんで(笑)。

でも実はこの師匠の言葉を聞いて、確信が持てました。やはり『アクエリオン2』はよくできたマシンだと。出る出ないで話をするつもりはありません。あくまでゲーム性の部分において、ここまでよくできた台はなかなかないと思うんですよね。これだけ何も引けなくても、やっとこさ何かが起こせそうだと思うフラグ(例えば朝イチ1000円で引いた24ポイントバケなど)を引いても、華麗に何もなく、かつ出玉もなくスルーすることを嫌というほど体験していても、ここまで惚れ込んでしまうくらいですから。

ふと、思うんです。そういう展開を味わわなくても面白さが見つけられる、またはそういう展開になった時の面白さまでも想像できるパチスロキ○ガイだから、こういう仕事に就いているんだって。

そしてそれが得のようでもあり、損のようでもある……。気が付かなければこんなに散財することはなかった……この機種のために、コツコツと特別好きでもない『ジャグラーガールズ(ジャグラーが嫌いなわけじゃないですよ・笑)』を回す作業に時間を費やさなければならなくなってしまったわけで。
普通は出玉もついてくる展開を味わわないと、そう簡単に面白さを見つけられるわけがありませんものね。ちっとも出ない『アクエリオン2』……だから世間一般の評価が低くても仕方がないと思いますし、そのほうが幸せなのかもしれません。

設定推測要素は満載

でも、まぁ惚れ込んでしまったわけですから。できればこの名機を負けないように負けないように……打ち続けたいんですよね。あわよくば設定6……そんな夢を抱きながら。

この時期になって、そこそこ内部数値が出そろってきました。正直、「見抜けないとも思わない」くらいの数値であったことにホッとしているというのが今の気持ち。

低確率状態からの強チェリー、高確率状態Bでの弱役、バケの種類、共通ベル……などなど、そこそこ設定差の大きな部分もありますし、そこに加えて設定456や設定6確定要素なども一応ある。設定さえ入っていれば、戦えない機種ではないと思うんですよね。

通常での強チェリーにおけるART突入率は奇数設定で10〜12.5%、偶数設定で20〜25%。これとバケの種別で奇偶を判断しつつ、高確Bでの弱役を見る。ちなみに高確Bでの弱スイカ(ボーナス同時当選も可)は5〜12.5%、弱チェリー(ボーナス同時当選も可)は10〜20%。これだけ揃っていればある程度はサンプルを集められるはず。

そしてそこに加えて共通ベル。これが大事。1/200〜1/150の差があるので、ジャグ系のボーナス確率だと考えれば参考にはなる値。ただし気を付けなければいけないのが、「パワスロを必ずやらなければならない」という点です。

というのも、共通ベルは通常プレイ中は判断ができず、そのため見た目で判断するにはART中しか参考にならない。ですがパワスロでプレイしていると、QRコードを読み取った後のその日の結果……から、共通ベルがすべて確認できるんです。これが実に立ち回りに活きるんですよね。

ただ、先代の『北斗』のように「マイカウンター」的な要素がないので、毎回一度パワスロを終わらせなければならないのが最大の弱点。そのためパワスロプレイ中の画面左下にある飛行機のメーターが次のレベルアップに差し掛かろうとしていても、共通ベルをチェックして再度パスワードを入力すると……一番左に戻されてしまうんです。だから一向にレベルが上がらないんですよね(汗)。

まぁ楽しみと立ち回りとどちらを取るかと問われれば間違いなく後者なので仕方がないのですが、これがこの機種最大の欠点……とも言えるのではないでしょうか。出玉に関係するところではないので気にしない人は気にならないでしょうけどね。

話は脱線しましたが、『アクエリオン2』、とにかく皆様にも打ち込んでいただきたい機種の一つです。『新生北斗』に疲れたアナタ、あれよりはまだ何かが起こせるような気はしますよ(笑)。どこがどう面白いかは、まだ次のデータを持って生還することができたら……熱く語らせていただきましょうか。……爆死データなら腐るほど持ってるんですがね(笑)。

あ、そういえば……先日『新生北斗』で、5号機最大負けを記録達成。
僕が天に返りましたよっと。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る