コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.8  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
8K231CB
76青BIG
56CB:羽
223CB
5K363青BIG:羽
46赤BIG
16赤BIG
70青BIG
19CB
262CB:羽
27CB:チ
48赤BIG:羽
30赤BIG
388青BIG
116CB:羽
47青BIG:羽
365CB
49青BIG
49赤BIG
6青BIG:鳥
576CB
18青BIG
90ヤメ
総ゲーム数:3171G
BIG回数:13回(1/243.9)
CB回数:9回(1/352.3)
合成回数:22回(1/144.1)
総投資額 13000円
総獲得枚数 1551枚
換金額 31000円
収支 18000円

低設定の機械割が重要

広告規制を発端に設定状況がわかりにくくなり。検定の持ち込み制限から攻めたスペックの機種も減り。それでも一撃の魅力は下げられないため、それをヒカなかった時の展開がさらに厳しくなり。まったり楽しめる機種は、滅多に発表すらされやしない。

問題点をざっと挙げると、こんな感じになるでしょう。痛いのは、やはり広告規制ですね。4号機時代は、もの凄くユーザー人口が増えました。それは爆裂AT機の出玉やストック機の瞬発性だけではなく、当たり前のように高設定台があって告知もしていたから。初代『パチスロ北斗の拳』の設定6を打てた人、けっこういるハズです。それほど打ってない私でもあるんですから。ええ、たったの2000枚くらいで終わりましたが(笑)。

その当時のように「期待値を追えている」感覚になれれば、多少のプレミアム待ちでもスペックがやや低い高設定でも許容できる人は多いんじゃないかな……って、今さら広告規制が解禁されるとは思えませんけど。それよりもやっぱり、高設定台が4号機時代よりも圧倒的に少ないのが一番ですね。

そんな状況でも気軽にパチスロを楽しむには、機種選択かレートの選択か。レートの選択と言えばチャーリーさんのコラムで、低貸しのことが触れられていました。

低貸で遊んでいる人の感覚も「1/4でもイライラ」が凄い、という事のようです。絶対額の大きさじゃないんですよね。要は「射幸性」も大変重要ということでして。初期に使った5000円を取り戻すだけの「調整・スペック=期待感」が持てるか?という疑問は、4パチであろうが低貸であろうが同じ、という意味だと思います。

レートの選択だけではダメなのです。昨年、遊技人口の減少が報じられた時に私も幣コラムで書いたのですが……

20スロだろうが、5スロだろうが。ハマリを消化している時間や苦痛だって1/4にならないんですよ。結局は、今のART機にピンと来ない人は離れていくんです。

攻めたスペックの機種の減少・高設定台の割合の低さは、これに拍車をかけることとなります。その状況を鑑みてもなお、まだ設定1で機械割97%もない機種をリリースしますかね。そこからプレミアム系を差し引くとどうなりますよ?

なんてことをウダウダ考えると、演出に頼らないボーナス主体型が打ちたくなるのです。無演出でも当たるのって、毎ゲームがアツいのと一緒ですから(笑)。ほかメーカーさん、特に老舗メーカーさんは『クランキーコレクション』に並ぶものを作って欲しいですね。4号機以前のボーナス主体で眠ってるのはたくさんありますし。5号機以降のメーカーさんも新たにシリーズを作るくらいの意気込みをお願いしたいです。

もちろん、そんな技術介入機ばかりになると敷居が高く感じてしまう人も出てしまうでしょうが。何事もバランスが大事。今の偏ってる状況も事態を悪化させている原因なのはおわかりかと。

『ぱちスロAKB48』コケないでっ!

『クラコレ』でお茶を濁せているのは、まだ良いほうかもしれません。それは自覚しています。とはいえ、相変わらず私も完璧とはほど遠いCBの獲得枚数となってますが。それ以前に、通常時のスイカを取りこぼす人には、かなり厳しい機種です。それだけでも敷居は高いです。

そんな目押しが苦手な人は、どうやって機種を選択するか。そう考えた時に思うのが、このコラム公開日から導入開始となる『ぱちスロAKB48』。ほんとコケないでっ! です(笑)。意外と少ないように感じているバランスなものでして。

チームサプライズコンボなどにどれだけ機械割を持っていかれてるのか、ゾーン狙いや128G以降の挙動の詳細も不明なので蓋を開けてみないとわからないことだらけですが。最大天井は777Gと浅めで当たりまでの距離は比較的近いこと。連チャンゾーンは128Gまでとヤメ時も作りやすそうなこと。ボーナス主体以外では、まだ安心感があるほうだと思うんです。レア小役の強弱とか、初心者も多く打つであろうこのタイトルに限っては最小限にしたほうが良かったのに……とも思ってますけどね(汗)。

まあ、いずれ落ち着いたら打ってみます。続きはその時に。まったくAKB48には詳しくなくて。まだ推しメンも決まってないですけど。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る