コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『みんなのジャグラー』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『みんなのジャグラー』
投資 ゲーム数 ボーナス
7K192BIG
19BIG
354CB
58BIG
252BIG
71BIG
66CB
362BIG
322ヤメ
総ゲーム数:1696G
BIG回数:6回(1/282.7)
CB回数:2回(1/848.0)
合成:15回(1/176.3)
総投資額 7000円
総獲得枚数 0枚
換金額 -7000円
収支 -7000円

変則押しビギナー向け

ということで、15年以上かけて森を育ててきたジャグラーシリーズの最新作『みんなのジャグラー』。ようやく少しだけ触ってきました。ここまでリール配列や制御が異なるジャグ系は久々。中押しに全役フォロー可能手順があるあたりは『ラブリージャグラー』『ハッピージャグラー』の系統ですな。

この両方を兼ね備えて、目押しの余裕コマ数も増やしたのが『みんなのジャグラー』の中押し赤7狙いです。赤7下段停止からのハズレ目は『ハッピー』と同様にボーナスの可能性あり。赤7中段停止はほぼチェリーですが、チェリーがハズれたら狙わなかったほうの中段チェリーとBIG同時当選が確定します。確率は1/4096と低いですけどね。やや『ラブリー』風味と言えるでしょう。

いずれにせよ、中押しが強力すぎまして。左リールから押したくなくなってしまうのは玉に瑕(汗)。チェリー以外のレア小役の出現率を高くしなかったので、順押しチェリー狙いでも十分なんですけどね。

あくまでも第一印象ですが。スベリコマ数も把握するとチェリーなのかボーナスなのかわかってしまう『ラブリー』の尖った部分。シビアな目押しが要求されるため、目押しミス時にさらなる意外性があった『ハッピー』のほうが奥深かったと感じました。ただ逆に言えば、旧2機種以上に変則押しビギナー向けの機種と言えるでしょう。停止位置から成立役を察知して残りリールを目押し。基本を学ぶことができます。

でも、この中押しって「北電子が作る必要あった?」と思ってしまったり。

クチの悪い人には、GOGO!!ランプだけでしょと言われることもあるジャグラーシリーズ。こんな簡単に停止出目を考えることを教えちゃって良いのでしょうか。本来は、5号機No.1の安定客層であるジャグ系を打つ人を引っ張ってくるために、他のメーカーが作らなきゃならないものでしょう。

ここまでシンプルな変則押しで組んでしまうのは、セールス的に怖いかもしれません。ただ、ジャグラーだから故の制約からは解放されます。なんせ、ジャグは左リールから押すのがメインの客層となるので、レア小役の確率も大きく変えられないのですから。

シンプルな変則押しだけでなく、告知方法がバラエティに富んでいるのも。打ってて楽しくはあるんですけどね。変則押しは他のボーナス主体型、告知方法はアイジャグ系で……なんて別個に楽しんだほうが効率的と思ってしまったり。

導入されたホールが……

北電子にとっては、他メーカーへのアシストとなりかねない機種。それだけに、導入台数が控えめなのは十二分に理解できます。が、少しだけしか触れなかったのは、その台数の少なさが原因です。ハナっから設定を見込めないと思いながら、ほぼコラムのために打ちましたから。普段はジャグをノーマークにしてるホールで。ブドウだけ中間設定なのでヒキ弱だったかもしれませんが(汗)。

本来は中小規模の店舗に入れるべきなのです。それほど入れ替えを頻繁にできないので、ジャグ系ならば長く大事に使ってくれることでしょう。しかし、なかなかそういったホールに導入されず。もちろん、毎回のように多くの台数を買ってくれる大手に声を掛けないわけにはいかないでしょう。ただ、その時点で完売コースなのは如何なものかと。中古市場でも値崩れしないどころか新台よりも高くなってしまうのがジャグですし。

……と、ブツクサ言いつつ。まだまだ調べたいことはたくさんあるので、もう少し打てる機会を探ってみます。低設定域の機械割アップも感謝したいところですしね。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る