コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スペシャルジャックポット』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 -
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額 -
総獲得枚数 -
換金額 -
収支 -

難しいことはしていなかった!?

かなりのマイナー機なので、まずは簡単なシステム解説から。通常のボーナス確率は全設定共通で1/128と破格。ただし、キャリーオーバー役(以下、CO役)という隠れボーナスが成立してしまうと、通常のボーナスを抽選しないハマリモードに移行します。CO役を揃えられるのは、完全ハズレ時のみ。それ以外は、リプレイや確率がとても高い1枚役に邪魔をされて揃えられないのです。

それなのに……通常のボーナス成立後は、確率激高の1枚役に邪魔をされず揃えられます。普通に打って見える事象は「CO役 < 1枚役 < 通常のボーナス < 通常小役」(肝となるところだけ抜粋)という優先順位。なんでだろう? というのが妄想のスタート。そして間違えた(と思われる)のが、こういった表現。

単純にボーナス優先や小役優先ではなく、優先順位をフラグごとに細かく決められるようになったのではないか


「普通に打った際の」事象を軸としたので、内規が変わったように思えてしまったのです。しかし、そんな難しいことを考えなくても『スペシャルジャックポット』と『美らん娘-30』は作れました。

結論を先に書くと、単純な小役優先制御

「CO役 < 1枚役 < 通常ボーナス < 通常小役」ではなく「CO役・通常ボーナス < 1枚役・通常小役」ということ。

両機種とも1枚役の種類は豊富にあります。これがポイント。成立後の小役は「払い出し枚数が同じであれば」別の揃い方を優先することが可能となります。これまたマイナー機で恐縮ですが、『チェリーパラダイス』や『ヒマワリパラダイス』のチェリー(通常小役はベル)なんかが良い例です。これと同じようなことを1枚役でやっているのです。

通常ボーナス成立後の1枚役は、通常時に抽選しない特殊1枚役に変換されます。その特殊1枚役とは「赤7・赤7・青BAR or チェリー」。順押しすると簡単に赤7をテンパイさせられるようになります。で、右リールの配列を見てみると……赤7近辺には青BARもチェリーもありません。つまり、成立後の特殊1枚役を取りこぼした瞬間に通常ボーナスが揃うのです。

いや、設置が減りすぎて検証できなかったので、おそらくこれが正解……止まりですけど。これもまた違ってたらどうしよう。というか『HAIBいちろう』も検証したいんですが設置店を探すのがキツいです(笑)。

根幹システム推測の難しさ

難しいことをしなくても単純な小役優先制御でこのシステムを作れることはわかりました。これに関しては、成立後小役のコンバートをすっかり失念していたのが原因。ケアレスミスと言って良いでしょう。しかし……こういった根幹システムは本当に難しいのです。

なぜなら、間違いと書いた「小役とボーナスの優先順位をフラグごとに細かく決められる」だって、完全には否定できないのです。そういう機種を持ち込んで検定不通過となった結果が見えない限り。こういった部分は、法律などに明記されていない「表には出てこない部分」なので、出てくる機種を見て理解するしかないのです。で、新たにこういったのが通ると良いな……と妄想しているものに引っかかったのが今回のケース(笑)。

ということで、今回は実戦データがなかったわけですが。週末にお出かけの予定があるところに、前半は夏風邪をこじらせてしまいまして。猛暑と冷房の往復になりがちな季節、皆様もご自愛くださいませ!
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る