コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

旅先で『ぱちスロAKB48』を初打ち  
 

実戦データ
店舗名 長野県某店
換金率 6枚交換
遊技ルール 台移動自由
機種名 『ぱちスロAKB48』『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
『クランキーコレクション』
4K119CB
69青BIG
130青BIG:羽
233青BIG
264青BIG
211赤BIG
2K350青BIG
197CB:チ
1K217CB:羽
50青BIG
115CB
136青BIG
112青BIG
272CB
328青BIG
139青BIG
71赤BIG:羽
90移動
『ぱちスロAKB48』
94REG
ART430(C3+HF)
REG
赤BIG
赤BIG
TSC200(3C)
赤BIG
赤BIG
上乗せ総計(+440)
1070ART終了:2854枚
263移動
『クランキーコレクション』
224赤BIG
27CB
42CB
287赤BIG:鳥
61ヤメ
『クランキーコレクション』
総ゲーム数:3744G
BIG回数:14回(1/267.4)
CB回数:7回(1/534.9)
合成回数:21回(1/178.3)
総投資額 7000円
総獲得枚数 3010枚
換金額 60200円
収支 53200円

クラコレ様からマリコ様に移動

リーチ目やらクランキーチャレンジやらのことを語りながら打てるのは楽しい限り。そんなゲラゲラ笑って打ちたいだけの人でも、さすがに当たらないと続けるのが困難になってしまいます。それでも、昔取った杵柄な方々の集まり。みんな3000G近く打って「上の設定を使っている状況ではない」ということだけは確認したくなっちゃうんですね。打つまでもなく予想できるホールですが、それを言っちゃ酒の肴が減るので確認のために打つのです(笑)。

クランキーチャレンジの羽根揃いにまったく頼らない感じで打てていたのは私の台だけ。それでも、通常時・BIG中ともの小役の奮わなさ加減などから想定するに設定2とかなんでしょう。推測が当たってるとも思いませんけど。

いずれにせよ、みんな思い思いの機種に散っていきます。そんな中で目に止まったのは、打とう打とうと思いつつも、スケジュールの関係や満席だったりして初打ちがまだだった『ぱちスロAKB48』。初当たりは軽いしヤメ時も明確に作れるので、ボーナス主体とまではいきませんが連れスロ向きの機種と言えるかも。さらに、朝からボーナス0回で449Gの空き台があるんですもの。設定据え置きで128G回されてたら、もうすぐ天井。ごっつぁんです。

で、せっかく打つのだから「ぱちログ」も始めようと思ったのですが。サイト上で推しメンを決めないといけないんですね。初めて知りました。集合写真の立ち位置などといった設定推測要素もあるので、顔と名前が一致するメンバー……ということで、マリコ様こと篠田麻里子をチョイスして実戦開始。

初当たりは、REG(じゃんけんボーナス)からでしたが3択に勝利してART突入。そのovertureの3発目がダブルライン揃いとなって300G獲得。通常overtureからのダブルライン揃いは、獲得ゲーム数が均等振り分けになりますが、見事にその恩恵を得られました。さらに、1/8のヘビーローテーションフリーズで90Gのオマケまでついて430Gスタート。

そのダブル以外は40Gというのを忘れてウキウキ叩きます(笑)。赤BIGからチームサプライズコンボを獲得して200G上乗せなど、基本的な楽しみも満喫できました。なんてなところで、こりゃまた薄いのが。ART中のボーナス成立によるゲーム数で「+300G」なんて0.1%の振り分けが出る始末。なんてなことで、ART1070GのBIG4回&REG1回。一撃2854枚の獲得です。

たまには、こういうヒキもしてくれないと身が持ちませんけど、ここできましたか。

マリコ様からクラコレ様に移動

隣の台に移動してきた友人は、128G以内でループする天国モードを満喫。最初はARTが伸びずに苦労していましたが、青BIGをヒケて一気に加速。宴会開始時間に終わらないとソワソワしだします。結構なゲーム数を持ってしまったのを見て『クラコレ』様の自分が打っていた台に復帰です。2人がそんな状況になると宴会どころではなくなりますから(笑)。

そのまま大きなコインの増減もなく終了となったのですが、長時間『クラコレ』様で時間を上手く使えたのがお財布的には大きかったですね。残るメンバーも『ニューパルSP』や『みんなのジャグラー』やらで、宴会までの時間を調整。そのあたりは、みんなベテランなので心配はしていませんでしたが。

そんなこんな『ぱちスロAKB48』の初打ちを長野ですることになってしまいました。私も人の子。これで調子に乗りましてね……稼働が落ち着きつつあるのも手伝って、チョイチョイ打つようになったのですよ。京楽からのパチスロ第1弾として出てくる前に、パチスロメーカーがこのバランスの機種を投入できていなかったのがダメじゃん。そう今では思っていたり。そんな、機種自体の細かな感想はまた次の機会に。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る