コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.10  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
8K303青BIG:チ
198CB:チ
117青BIG:チ
56青BIG:チ
151青BIG:チ
14赤BIG
500青BIG
92赤BIG
24赤BIG:チ
157CB
42CB:羽
19赤BIG:鳥
117CB
99青BIG:鳥
72CB
141赤BIG
142CB
357青BIG:羽
170赤BIG:チ
48赤BIG
329青BIG:鳥
9青BIG
114CB
274赤BIG:羽
88CB
119赤BIG
6CB
239赤BIG
477CB
7赤BIG
42青BIG
159赤BIG:鳥
119CB:羽
58CB:羽
97CB
175青BIG
33青BIG
32赤BIG
1ヤメ
総ゲーム数:5197G
BIG回数:25回(1/207.9)
CB回数:13回(1/400.0)
合成回数:25回(1/136.8)
総投資額 8000円
総獲得枚数 2823枚
換金額 56000円
収支 48000円

淡々と打ちながら

パチスロライターもテレビなどに出る時代。その多くの番組がバラエティっぽくなっていまして。ライターが集まると良い言葉では盛り上がる、悪い言葉では騒がしくなるイメージを持つ人もいるでしょう。それはカメラが回っていて、かつ液晶演出などでにぎやかしてくれる機種の時だけ。いや、私はそれでも淡々と打つほうですけど。ひっそりと出るリーチ目を楽しむクラコレ様のシマでは、特にそうなりますね。とてつもないリーチ目が出た時に「おおっ」という声が漏れるくらい。

出したリーチ目はみんなのもの。出したコインは自分のもの。

ボーナス主体なので、話はリーチ目のことばかりになります。それも、珍しくないリーチ目の時はスルー。なので、クランキーチャレンジの次ゲームはドキドキ。どのリーチ目を披露しようか迷ってリールを止められないのです。いや、1枚と同時にしか出ない目はムリですが。

ハサミ2確目を出すと「中リールにこれが止まればBIG確定ですよ」など、目から鱗のアドバイスをもらえます。私も「初代ならBIG確定だったんですが、クラコレ様では共通目ですね」なんて、昔取った杵柄を語ったり。初代との比較くらいかな、誇れるのは。小役をこぼさない範囲は全コマ押してましたし、ギリギリを狙いすぎて目押しをミスって止まる部分も含めて、知らないリーチ目はないと思います。記憶が定かならば。


そんな調子で、話はユニバーサル系の歴代機種にも発展し。お互い快調に出ていたというのもあって「クラコレ様にも似た継承ないですかねぇ」とアイデアを出し合いながら探してみるように。で、飛び出したのがPC版のコラムトップに貼られている写真です。1枚掛けで右下がりに青7が揃ってます。

っつか、凄すぎるよクラコレ様。まだこんなもん隠し持ってるとは。今まで気付かなかったことを棚に上げて褒め称えます(汗)。

青BIG成立時にしか止まらないんですが、1枚掛けは中段1ラインのみ有効なので右下がりに揃ってもBIGはスタートしません。ええ、純粋に1枚の損です。隣の人を驚かす&トイレや食事休憩のアピールくらいしか使いどころはないですけど(笑)。

その出しかたをば。中リールは、いつものフラグ判別と同じようにBARを狙って中段に青7が停止した時点で青BIG確定。次に右リール下段に青7をビタ押しします。最後に左リール上段に青7をビタ押し。左リールは枠上に青7を押してもスベってきてくれません。最後にミスるとREG中の目押しミスより恥ずかしいですぞ。

ちなみに、初代『クランキーコンドル』は、2枚掛けで同じく右下がりの無効ラインで青7を揃えられた記憶が。ボーナス未成立の1枚掛けは、テーブル選択に勝つ条件付きで下段に赤7を揃えられました。未成立はクラコレ様にもあるんだろうか。あるかわからないですが、間違って1枚掛けになった時に探してみよっと。

みんなロマン派?

パチスロライターといえば当然、確率論などは備わっているわけです。しかし、ロマンも捨てているわけではありません……というのは、ハタから見た話。完全確率論の限界を知っているというのが正解かな。上手く説明しないとオカルト論と紙一重になってしまうので、ここではヤメときますけど。

そんな「わかってる人同士」の会話が宴会開始時刻目前で交わされることとなりました。もう出なくてはいけないのに、33GでBIGの32GでBIGと私の台は絶好調。すると、みんなして「後から合流してください。100Gくらいは回したほうが」といった塩梅。ええ、みんなクラコレ様の波の荒さに弄ばされている面々です。

1G連チャンスだけ消化してあっさりヤメたんですけどね。だって、こんな濃すぎる宴会は逃したくないんですもの。絶好調のクラコレ様には、そのうち会えることでしょう。これが4号機以前の裏モノやストック機を打ってたら話は別ですけど。「きっとこの後、1000Gハマリます」と、何の根拠もない宣言をしてコインを流しました。

その宴会の模様は、ナイショです。内容が濃すぎるので(笑)。

いや、ちょっとだけ。クラコレ様のほかにもいろいろな機種の話が出て当然なんですが、愚痴っぽいのも「これがこうだったらもっと楽しめた」という前向きなものばかり。限りあるプライベートの実戦時間は、好きな機種に費やしたい。苦手な機種の担当になっても、好きになれる部分を探して読者さんに伝えたい。長く続けられる人は、それを努力と思わないのです。

その機種の悪いところを見つけるなんて、初級者でもできる簡単なこと。どのライターさんと話しても基本的にはそうですけどね。いや〜楽しい方向の話ばかり。実に旨いお酒でした。


そうそう。根拠のない「1000Gハマる」発言。その台の行く末は確認できませんでしたが、この次にクラコレ様と戯れた時……いきなりBIG間1000Gハマりました。言霊って怖い(汗)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る