コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『キングハナハナ-30』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 キングハナハナ-30
投資 ゲーム数 ボーナス
《キングハナハナ》
5000191BIG
89CB
57CB
196BIG
21CB
266BIG
276CB
85CB
99BIG
37BIG
126CB
93CB
151CB
84BIG
29CB
155ヤメ
総投資額 5000円
総獲得枚数 727枚
換金額 14500円
収支 9500円

だいぶホールもマシになりました

さて夏休みも終わりまして、世間もだいぶ賑やかさが落ち着きました。同じようにホールのほうも若干お客さんが少なくなったように思います。今年の夏休みも相変わらず、お盆の時期はボッタクリが多かったように思いますが、その連休終わりの俗にいう「開け返し」の時期は、ちょっぴりいつもよりも甘めなホールが多かったような気がするのは気のせいでしょうか。

とあるホールなんかでは、さほど大きな店でもないのにも関わらず全6に半6なんかもよくやっていたり。そのほかの店も「あぁ、あきらかに開け返しだな」と認識できるほどの出玉を目にすることができたりと、かなり「出せていた」ように思います。
理由は……なんなんでしょうね。まぁお盆で抜けすぎたことが原因なのは間違いなさそうですが、そのホール利益の立役者となった機種は……やっぱり『北斗』ですかね。

最近ではどうやら「設定1でもメチャクチャ出る時が多い=甘い機種」、「1で爆発しない、6でも出ない時がある=辛い」……なんていう、間違った評価がされやすい傾向にあると思います。だからか、『北斗』は甘いなんて声も聞いたりしますが、やっぱりそれはないでしょうね。っていうかお盆での抜けっぷりを見る限り、やっぱりなかったんでしょうね。
多台数と長い期間でキッチリと莫大な利益が取れる、ホール唯一の貯金箱的存在なのは間違いないでしょう。


『転生』だけはちょっと高めの期待値から

また、いくら回収時期が終わったとはいっても、どこのホールでもキッチリと設定を使ってくれるかと言われれば……それも難しいところ。人気機種になればなるほど、のちの設定に期待ができる……っていうのがパチスロ界の常だったりしてたわけですが、出したい機種で出すために抜きたい機種で抜くことができない(稼働がないから)今は、たとえ人気機種、長寿機種であったとしても過度な期待は禁物です。

自分は『北斗転生』で設定を追うのはやめたため、基本的にあべし拾いしかしておりませんが、最近はどこのホールでコインを入れてみても『頭上ゲーム数=あべし数』……みたいな、つまりは天破にまったくと言っていいほど入っていないような台ばかり目にするようになったような気がしています。これって……設定がない証拠みたいなものですからね。実際に自分で打たなくても、スランプグラフや出玉だけでなく、頭上ゲーム数とあべし数の差でもホール全体のやる気を探ることができるのはいいところではありますが、まぁ設定を追わないと決めた身としては……あまり関係ないんですけどね(笑)。『北斗転生』が好きで好きで仕方ないという方は、そういう見方もあるんだぞということで参考にしていただければと思います。

さて、その「拾い」ですが、いくら500あべしから期待値があるような書き方がされていても、天破に入ることすら望めないようでは収支の安定は非常に難しいため、この『北斗転生』に関してだけは、なるべく安い期待値は追わないように心がけています。そして天破以外からの当たりであれば0ヤメ。800あべしくらいから打つことができれば、ある程度は安定してくれるような気がしております。
また、最近では追えるゲーム数がシミュレート情報として出ていない機種なども積極的に狙うようにしています。もちろん解析数値を見て独自に判断しての基準値を超えたものだけですが。モード移行率まで出ているものなら、状況によってはAT機ではなくART機でも即ヤメできるような機種も見つけたので、そこそこよい期待値を追えているような気がしております。恐らく今が美味しいんで、機種は……触れませんけどね(汗)。

そんなこんなで拾いがメインにはなっておりますが、設定を狙うなら……やっぱりそのホールが利益を取ることを諦めているノーマルタイプ……そんな状況下でのみでしょうね。その土地土地によって力が入っている機種は違うでしょうが、この『キンハナ』のように、売りが立つだけでいいと考えているようなホール&店の組み合わせをうまく見つけるしか、今のご時世で設定を追える状況ってのはなかなか難しいのかもしれません。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る