コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
5000200REG(ベル)
63REG(羽)
22赤BIG(チェリー)
367青BIG(コンドル)
11青BIG(羽)
210REG
113REG(羽)
95赤BIG(チェリー)
183青BIG
229赤BIG(羽)
136青BIG
4REG(チェリー)
21REG
200REG(チェリー)
174赤BIG(ベル)
27青BIG
99ヤメ
総投資額 5000円
総獲得枚数 1261枚
換金額 25000円
収支 20000円

ノーマルに慣れてしまったこの体

さて、ここのところは『忍魂』に全くもって設定が期待できなくなってしまい、さらに『緑ドン』があまりにも世間的に受けなかったためにこちらも設定には期待できず、もともと思い描いていた「ボーナス+ARTタイプの人気復活」からは程遠い世の中になってしまったこともあって、打つ機種に困り果てています。

まぁ一般的に今動いている機種といえば『北斗転生』『AKB』あたりなのでしょうが、『転生』は完全にそのゲーム性を体が受け付けずだし、『AKB』は『シノビ』を打ち過ぎていたせいで乗り遅れた感満載だしで、結局安心して設定を狙えるノーマルタイプばかり打つ羽目になっていますが……これはこれで問題がありまして。

いや、勝つという面だけでは何も困ることはないんです。幸いノーマルに設定をしっかりといれてくれる店もありますし、そこでツモることも十分に可能ですし。ですがノーマルばかりを打っていると……そう、『体がノーマルしか受け付けない』体になってしまうんですよね。

ちょっとARTを擦ってみても設定はわからないし投資スピードの速さに臆するし、なによりもともとノーマルが好きだから楽しくもない。だから必然的にまたノーマル……となるわけですが、これを繰り返しているうちに「ノーマルが打ちたい」ではなく、「ノーマルしか打てない」……になってしまうんです。

今の時代はバランスが命

わかりにくいかもしれませんが一口で言えば、ARTから体が離れてしまうと「ARTで勝つことができなくなる」……んですよ。ARTで勝つビジョンも忘れてしまうし、押し引きのバランスも忘れてしまう。これが困ったものなんです。

ノーマルだったらある程度根拠が強ければそこまでの怪我もせずに粘りを発揮することができますが、ARTで同じことをやると取り返しのつかない怪我になることもしばしば。もちろん逆に低設定での誤爆もあり得ますが、誤爆は結局「明確な答えが見えないまま出玉だけが残る」……という生産性のない稼働になるため、得られるものは少ない。
ノーマルとは違い粘るだけがいい選択肢ではないARTタイプでの押し引きは、常に体に染みつかせておかないと危険な結果しか生まない……とこうなるんです。

ロケなどではもちろんART機などにも触りますが、これがホントもう勝てる気がしない。これはやはり日常でノーマルタイプしか打っていないからだと思います。稼働が連続していた時期は、ノーマルだろうとARTだろうと、設定を意識して打ちさえすれば負ける気がしなかったですから……。

話は前に戻りますが、結局ボーナス+ARTタイプの人気は戻らず、今までのように高純増タイプばかりが世の中に放たれているパチスロ界。もちろんそれを望んでいる人たちばかりではないので業界が盛り上がっているとは言えないですが、かといってバランス系機種を出したりノーマルタイプを出したりしても人気機種にはならないこの現状は、まさに水の中でもがき苦しんでいるようですよね……。
だからなんの機種にもろくな設定は入らない。入るのはごく少数。そんな中で勝ち切るにはやはり「バランス」。これが命。ARTも打ててノーマルも打ててハイエナもできて……。オールマイティーな能力がなければ勝ちきれない時代になっていることは間違いないと思います。
だからこそ機種の偏りはできるだけ避けなければ……と考えている次第ですが、そうはいっても明日どこの店でどのART・ATを打てばツモれるのか……の予想も立てられないのもまた現状。何とかしなければなぁ……。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る