コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
200084
131
293
111
1000439
114
188REG
98REG
299REG
31
117REG
125REG
225ヤメ
総投資額 3000円
総獲得枚数 0枚
換金額 0円
収支 -3000円

打てなすぎて忘れてた『鬼浜』

さて、先日今年のMVPやMIPを決める会議が行われたようで。
……なぜ「ようで」なのかっていいますと、実は自分、この重要な会議の日に道で車をパンクさせて現地にたどり着けないという大ハプニングをやらかしまして。結局メールと口頭で自分の候補機種を挙げさせていただいたんですが、そうなるとはい、ついつい頭から大事な機種が抜け落ちたりしてしまうようなミスをしてしまったり。
「鬼浜」を候補に挙げるのをすっかり忘れてしまったんですよね。あんなに絶賛した機種はそうそうなかったのにね。

その「鬼浜」がなぜ頭から抜け落ちてしまったかというと、やはりあまり打たなかったことがその原因かと思います。いや、機械としてのデキは今年ナンバーワンを競えるくらい良かったと思うんですよ。

ですが設定の入らなさ、ゲーム数の狙えなさ(狙いやすいし効果もデカいけどなかなか落ちてない)……が、あまり台の前に座ることにならなかった最大の原因。4号機鬼浜をしっかりと踏襲した出来になっていたのが逆に仇になったというのが非常に残念な台でした。

あとはホールにとって、甘すぎる台だったというのがまた裏目だったのかと。高設定を使うのはいいけどそのためにはどこに入れたかがわからないように全台リセットをかけなければならない。しかしかけてしまうと低設定も甘くなってしまう……といったジレンマにより、高設定が投入される頻度が非常に少なかったというのも、残念ポイントでしたね。
まぁ結局、こういった理由からあまり座ることもなく指をくわえてみているだけだったので、肝心なこの時期に頭から抜け落ちてしまったというわけです。


一位に推さなかった理由

また、間違いなく今年一番打った機種であろう『クランキー』様。それにも関わらずこの機種をMVP候補に入れず、MIPのほうでも一位に挙げなかったのにはちゃんとした理由があります。

MVP候補としては……まぁ、万人に打てるタイプの機種ではないですから仕方ないにしても、MIP候補でも一位にしなかった理由……それは「未来への希望」からであります。

ご存じのとおり『クランキー』はノーマルタイプの機種。その名が示す通り、ノーマル……なわけですから、本来ならパチスロとして最もメジャーなタイプの機種なわけです。
確かに技術介入要素による楽しみを思い返させてくれたというMIPとしての長所はあります。ですが逆に言えば、こういう「本来もっとあるべきはずのスペックのパチスロ」がMIPという特別な枠に入るということに、とても不自然さを感じると同時に、今のパチスロに対する残念さを感じたというわけです。

本来ならこの『クランキー』の対抗馬がもっともっとあって、その中からMVPのほうが選ばれる……そうあってほしいはずなのに、ART・ATばかりの世の中だからノーマルタイプが逆に異端児的な扱いを受けるのはそれはそれで残念だな……と。そう思ったんですよね。

遊べるAT「化物語」の空前の大ヒットもあり、ひょっとすると来年のパチスロは射幸性に煽られてばかりでない世界に変わるかもしれません。いや、むしろそうあってほしい。そういう願いを込めて、あえて自分は『クランキー』を一位には推しませんでした。

『うみねこのなく頃に』……打ってきましたがなかなかでしたよ。今度はこういう機種が空前の大ヒットとなって、今後のパチスロ界を引っ張って行ってほしいものです。

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る