コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

最後は派手に……『化物語』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『パチスロ化物語』『ニューパルサーSP』
投資 ゲーム数 ボーナス
《パチスロ化物語》
300060)解呪
75AT(倍倍11×117 倍倍5×12 倍倍7×4 倍倍12×25 倍倍5×24 倍倍6×27)
116ヤメ(2314枚)
《ニューパルサーSP》
3000195BIG
73BIG
108BIG
137ヤメ(598枚)
総投資額 6000円
総獲得枚数 2912枚
換金額 58000円
収支 52000円

相変わらずバケが好き

開演…………といえば、解呪ノ儀、開演。なんでもパチスロに無理矢理結びつけようとするのは悪い癖ですが、そういえばこれだけ『化物語』にハマっているにもかかわらず、ここではあまり取り上げたことがなかったような。特にデータは載せたこと……ありましたっけ?

まぁその理由は左のデータを見て頂ければお分かりかと思いますが、はい、出たときに限ってデータが恐ろしく短くなるから……です(笑)。
データにしてたった3行、これで2000枚以上出ているわけですが、AT中はたまーーーに当たる疑似ボーナスを引かなければあとは倍倍チャンスだけですからね。まぁこうなります。

バランスの良がイチオシの、個人的に今年ナンバーワン機種ともいえる『化物語』ですが、やっぱり今回のように『3ケタ倍乗せ』をカマすことができた瞬間が一番気持ちがいい。ちなみにこの3ケタ乗せは、途中でエクストラに2回、超倍倍に1回入ってますが、これらの『特化ゾーン中のさらなる特化』にも現実的な数字で入れることが叶うのがこの機種の良いところのようにも思います。
初当たりを5回くらい引けば、1度は塊がくるイメージ。初当たり5回も早いときには1時間で引けることもあり(まぁそのペースで引けているってことはATが伸びていない証拠ですが・笑)、とにかく遊びやすい。この『化物語』登場後もいくつか「当たりやすいスペック」のAT機が出てきているようですが、ここまでバランス良く本当に遊びやすい機種も、結果的にはほかになかったといえるでしょう。


『転生』の6より……

確かに一時期に比べたらレートは高くなりました。ですがこの機種なら、3万円持っていけばしっかり遊べ、5万円持っていけばほぼ、満足できるレベルまで打ち込めるといえるでしょう。
ノーマルタイプは遊べる……という固定観念がある時代ですが、正直、設定の入っていないノーマルタイプは結構怖いですよ。信じられないくらい当たらない……なんていうことも多々。もちろん天井もない機種がほとんどですし。ロケなどで打ちたくなくても打たなければならないパチスロ(打つ台がなくて……という意味)を嫌というほど打ってきた人間がいうのだから間違いありません(笑)。

2014年はこうした遊べるATが増えてくる時代なのではないかと言われています。……が、この時期に多いグランドオープンのお店などを見ていると、どうやらもっとも力を入れているのは『北斗転生』……が多いですかね。半分以上が設定6なんて言う店がほとんどだったように思います。
つまりホールは……『やっぱり正月でガッツリ抜きたい』ということ(笑)。……というのはまぁ当然ですから置いといて、ホールが求める機種とユーザーが求める機種が大幅に食い違っているということが見て取れますよね。たぶんみんな、どっちかっていうと『獣王』とか『吉宗』、『エウレカ』や『まどマギ』の6の方がよっぽど打ってみたいんじゃないかって……ね。

今後あそこまで爆発力のある機種って出てくるのかなぁ。まぁ遊びやすい機種ばかりの中に、爆発力のある機種がたまに出る……このくらいのバランスで進んでくれれば、どちらのスペックからもお客さんが減ることはなく平和な2014年という1年が過ぎていくと思うのですが、果たして。

さて、早いもので2013年はこのコラムで最後になります。皆様今年はどんな1年だったでしょうか。そして来年はどんな1年にしたいですか? 私は……とりあえず年内の仕事がまだまだあるので終わってから考えます(笑)。

ではでは皆様、良いお年を! また来年お会いしましょう!

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る