コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ persona4 The SLOT』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 300枚=1000円
遊技ルール 4スロ
機種名 パチスロ persona4 The SLOT など
投資 ゲーム数 ボーナス
『ぱちスロAKB48』
1K100赤50:推メン
1K127BAR
ART40:C4
(19
上乗せ:+10G
(31終了
128BAR
159赤70:推メン
ART110:C8
(110終了
1K369赤40:推メン
1K赤45
1K133移動
『ペルソナ4』
82白30
ART30
ART50
ART30
ART50
(200終了:600枚(4連)
335ART30:ベルベット
ART30
ペルソナチャンス
ART30
ART30
ART30
ART30
ART30
ART30
(332終了:825枚(8連)
117白40
ART30
ART30
ボコボコ+50
ART30
ART30
ART30
ART30
ART30
ART30
ART30
ボコボコ+30
(420終了:1095枚(10連)
66白30
195移動
『クレアの秘宝伝』
519赤赤赤
28赤CB
334ヤメ
総投資額 5000円
総獲得枚数 518枚
換金額 1500円
収支 -3500円

20スロでは打たない機種をチョイス

初手は、なんとなく『ぱちスロAKB48』から。昨年の10月までは主戦としていたんですが、設定状況が厳しくなってきてから足が遠のいてしまいまして。久々に推しメンのレベル上げでも……と。もちろん、20スロの高設定でいろいろヒケたほうがレベル上げも早いんですけど仕方ありません。

しかし、変な朝イチ状態でした。台上のカウンタが0Gなのに、実機の表示は回されていたのです。3Gくらい回っている台は、ガックン対策などで全台やることにしているなど理由が見えるので理解できるとして。30G回っている台とかまで。サプライズリセットをした直後の高確を確認しているのか。

これが20スロのホールだと「ブッコ抜く気マンマンだな(笑)」とスルーしちゃうところ。しかし、実際のところどうなんだろうと確認してしまいたくなるのも低貸マジックなのかもしれません。結局、中途半端なところでの推しメンチャンス当選でわからなくなりましたけど(汗)。ちょいちょいと打ったところで、脈なしと判断。

続いてのチョイスは『ペルソナ4』です。どちらかといえば荒めの機種。私の性格上、なかなか20スロでは手が出しにくい部類の機種です。ただ、演出はちょっと好みだったり。荒めの機種ということを理解してさえいれば、通常時の初当たりに対する煽りは「期待値を割り引いて」考えられますし。とりわけART中は、ループで継続させるのがメインとなるので煽りが少なくて宜しい。曲も格好良いですしね。

普段20スロばかり打つ人間にとって、一番複雑な心境となるのは「低貸でヒキを使ってしまうこと」ではないでしょうか。正直なところ『AKB48』を打っている時は、頼むから青7なんかヤメてくれと思っていました。一発役にせよ昇格にせよ、20スロの時にしておいて欲しいですから。しかし、20スロでは頭の中にない機種であれば「どうせ20スロでは縁がなかった」と思えるのが助かるところ。こういった機種チョイスをしたい時は、低貸に行くに限る……なんて。今までも気付かなかったわけではないんですけど。

「この機種をホールで打たなくてはいけない」といった形態の仕事が少なくなってきたのが大きいかもしれません。雑誌にしても実戦データが必要になるのは大きな特集の時くらいですし。義務がないとなると、どうしても好きな機種を打ちながら、気になる機種が打てればラッキーという思考になってしまいます。それよりは、ちょっと踏み込んだ形でさまざまな機種を打っていこうかなと。

ただ、お目当ての新機種の導入スピードなども絡んできますし、収支を挙げるのもかなり難しそうですけどね。低貸はバラエティとなっているところが多く。設定もそれほど見込めない上に、立ち回りも実に難しいのです。そもそも勝とうと思っていない好き者が多いとなれば、きっちりゾーンは打たれますし。よほどハマった場合は別ですけど、座られたら空かないというケースも多くなりそう。

ま、今までと違った形でホール状況を見ることになるのは間違いないので、何かしら書けることが増えれば良いかな。そもそも「勝ちキャラ」は、とっくのとうに卒業させていただいてますし(笑)。

立ち回りは悪くないハズ

かなりのART突入率と連チャン数を誇ってくれた『ペルソナ4』ですが、天国モード抜けを確認したところで撤収。連れスロなんですから、いつでも宴会に行ける体勢作りに務めます。ってなことで『クレアの秘宝伝』に。設定2があってくれれば機械割は100%……なんて考えてはおりませんが。そもそもボーナス主体には、全く期待のできなさそうな前日&当日履歴でしたし。

閉店取りきれずも同じですが。終了時刻で残してしまうようなヒキを機械割から差し引く考え方をすると、4円スロのコーナーでは、設定1でも『クレアの秘宝伝』の機械割が最も高かったのです。いや、100%はないので、流してフラフラ歩いてても良いんですが。持ちコインがある以上、ペシペシ打つのが連れスロでしょう。なんて思っていたら……むっちゃハマる。せめて設定1の確率でヒイてくださいとクレアちゃんと同じお祈りポーズをしたくなるくらいハマります。880GでBIGとCB1回ずつって(汗)。

でも、冷静に考えたら『クレアの秘宝伝』は20スロでもソコソコ打つので。その時にボーナスが連チャンしてくれたほうが嬉しいですな。よくわからないけどヒキを貯金したと思っておきます。

そんなこんな。機種の話よりも低貸営業との付き合い方を考えるほうが中心となってしまいましたが。2014年は意外な機種もチョイチョイ扱っていけたらと。あらためまして、本年もよろしくお願い申し上げます!
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る