コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 パチスロ交響詩篇エウレカセブン2
投資 ゲーム数 ボーナス
『エウレカセブン2』 324ゲーム BIG1回 AT1回へ前回からの持ちコイン移動
58)デューイ
269BIG(内部デューイ AAA モンスーノ4問正解)
1AT(エアリアル50→ボーナスリンク5ゲーム乗せ)
1続き(直乗せ20)
12セット目(直乗せ10 エアリアル105→ボーナスリンク5ゲーム乗せ BAB)
1続き(エアリアル130→ボーナスリンク10ゲーム乗せ BAA)
1続き(直乗せ20 エアリアル20 直乗せ20 直乗せ30 エアリアル15)
49AT(弱スイカ当選 直乗せ30 直乗せ20 エアリアル25→ボーナスリンク BAB)
1続き(直乗せ50→ボーナスリンク40ゲーム乗せ BAA)
1続き(直乗せ20 直乗せ20 エアリアル25 直乗せ20 直乗せ30)
75BIG(BBB モンスーノ2問正解)
25ヤメ
総投資額 30000円(前回からの続き)
総獲得枚数 3333枚
換金額 66400円
収支 +36500円

ツイてない人のケツを追いかける

さて、今回のデータは前回からの続きです。
『エウレカセブン2』でヒキが強いんだか弱いんだかわからない展開になって困っていたのが前半戦。スイカによるAT当たりやボーナス中のキャラなどから粘る要素こそあったんですが、展開が付いてこないとどうしても『設定2あたりのヒキ強かも』と思いがちになってしまい、まさに今回、そういう思考に陥っての台移動です。

ただ、この段階では自分の台より要素の強い台はなかったんですよね。だけど心の中は『移動したい』という気持ちでいっぱいになってしまっていたので……移動理由として『人を見る』ことにしたんです。

移動した隣の台を打っていたサラリーマンの方は、このエウレカを中途半端なゲーム数で見切った後、いろいろな台を打ち散らかしてまたエウレカの別の台(引き戻しなども含めてちょっとだけ強めの台)に戻ってきている……という展開。
まぁよくある、大負けパターンにハマっている人でした。ここでひらめいたのが、そういう人が捨てた台ならまだ脈があるだろう……ということ。普通のパチスロの立ち回りとしてはNGですが、ギャンブル全般でいうところの流れを意識した立ち回りであれば、これはツボにハマるんじゃないかとピンとひらめいたわけです。

オカルト的中!……しかし!?

あ、もちろん普段はこんな立ち回りはしませんよ。あくまで『打たなければならない環境』だったから、一種の言い訳づくりとしてこういうオカルトを発動させただけです。

でもツボにハマるときはハマるんですよね、こういうのって。初当たりのボーナスからモンスーノで4問当てて、2セット以上をゲット。そこから特にエアリアルが絶好調で、一撃で3000枚近いコインをゲットするってんですから。こういうまぁいうなれば『誤爆』を、誤爆、ラッキーとしてきちんと認識できるか、または『立ち回りが完ぺきだった』と勘違いしてしまうかで、その人の今後の立ち回りに大きな影響を与えることもあると思います。
もちろん私はしっかりと誤爆……として認識させていただきましたよ。BIG中のキャラも小役もメチャメチャ弱かったですしね〜。

ちなみに、実戦終了後にこの台の設定も聞くことができたんですが、『2』とのことでした。
『4』を捨てての『2』への移動でしたが、もしもう少し打つ時間があったとしたら1台目の方に戻っていた可能性もありますので結果オーライだったかな……と思いつつ、もしこの2台目でコインを出せていなかったら1台目に戻るなんて言う立ち回りは、結局このサラリーマンの方と同じで大負けのパターンだったりもするな……とも。
心持ちに左右されない、徹底した立ち回りを作り上げたいものですね。『エウレカ2』は、打ち込めばそういう立ち回りも可能になる機種だと思いますよ。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る