> > 『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』の導入が開始されました。ボーナス主体タイプ好きとしては、打たねばなりません。ええ、打ちました。普通に当たってくれて、ショボ〜く勝ってきたのですが……、データを採ったメモ帳が見つかりませんっ(汗)。

出玉推移のことを中心に書くタイプの人間でもないので、データ欄がないのはお許しくださいませ。って、コラムはそれで良いのかもしれませんが、小役データとかが消えたのが痛いです。こういうタイプの機種って、蓄積させていって「体感を確実なものにする」のが理想なんで。

ま、嘆いても仕方ないというか。当初の予定通り、出玉部分以外の魅力を語っていきたいと思います。って、マニアックになるその前に。

『決意の刻』は、これからボーナス主体の面白さに触れてみたいという人にとって、教科書的な存在……は言い過ぎかもしれませんが。1つの基準にできる機種には仕上がっています。高いボーナス確率を誇るだけに、当たった時の出目をいろいろ拝めます。経験値を積みやすいんですね。さらに、小役を取りこぼさない範囲なら順押し・中押し・逆押しとどこから押しても良いのと合わせると「こうだったらもっと面白く感じたのに」なんて好みの発見にも繋がります。

AT機やART機と比べたら、たくさん勝てることがある機種ではありませんが。その分、少ない負け金額で「自分のリールの好み」を考える機会を持てることでしょう。軽くでも攻略ポイントの手順を見て、小役だけ取りこぼさないようにして打ってもらえたら嬉しいですね。

って、私のリールの好み的には、そこまでベタ褒めではないんですが(笑)。でも、楽しかったですよ。いろいろ考えることがあって。

ということで、マニアックな部分に。こんな考え方を知って打てば、少しでも楽しさが増えるかな。増えてくれたら嬉しいなということで。まずは今回の天井から。BIG間777Gとなっています。途中でREGをヒイても天井までのゲーム数はクリアされず、また暴走&覚醒モードも終了しません。これはどういうことか、最初から説明しましょう。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る