コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

どの名機を選ぶ!?  
 

実戦データ
店舗名 桜木町・ノスタルジア
換金率 スロゲーセン
遊技ルール
機種名 『スーパースターダスト』ほか
投資 ゲーム数 ボーナス
『アステカ』
2K168ヤメ
『スーパースターダスト』
1K3BIG
54REG
63BIG
30REG
97REG
41REG
101BIG
126BIG
33REG
75BIG
38BIG
138台移動
『ドギージャム』
147BIG
170REG
273BIG
144BIG
44BIG
72REG
48REG
84ヤメ
『スーパースターダスト』
ゲーム数:799G
BIG回数:6回(1/133.2)
REG回数:5回(1/159.8)
合成:11回(1/72.6)
『ドギージャム』
ゲーム数:982G
BIG回数:4回(1/245.5)
REG回数:3回(1/327.3)
合成:7回(1/140.3)
総投資額 3000円
総獲得枚数 約2300枚
換金額
収支

この曲が聴きたい!

法律解釈基準などの規制がある部分に関しては、メーカーさんの苦労もわかるので「4号機から大きく衰退した部分」なんて大袈裟な書き方はしません。私が衰退したと思うのは、サウンドです。いや、上乗せ時などのSEは大きく進歩していますよ。それ以外の全般的なサウンドのことでして。

サウンドのプログラムが入っているサブ基板の容量は年々大きくなってきています。より複雑な楽曲だったり、多くの楽曲が搭載できるようになったので、本来は進化しなければならないハズ。しかし、この音が聞きたいから座るという5号機が、ほんっとに少ないです。

理由はいろいろあるのでしょうが、その1つにタイアップ機種の増加が挙げられます。すでにある世界観をパチンコやパチスロに落とし込む作業。演出の展開などで一喜一憂することはありますが……原作を楽しみたいならDVDなりを借りてきたほうが早いと思ってしまう性格でして。ほら「ギャンブルをやってる俺、格好良いって人は競馬の芝1000mに全財産入れなさい」とたまに書くくらいの(汗)。そういう偏屈な性格の持ち主からすると「パチスロを打っていたから、この曲に出会えた」と思えるようなものが少ないと感じてしまうのです。

単純に「昔は良かった」というつもりもありませんが、液晶搭載以前のパチスロは、リールやパネルのデザインとサウンドのみで世界観を出す必要がありました。その気合いの入れ方からでしょうか、曲を聴くと機種名がスラスラでてきます。というか、今でも頭の中で再現できる曲が数多くあります。今ほど入れ替えペースが早くないというのも理由でしょうが、基本的にBIGの音楽しかなかったですからね。赤7と青7で曲が変わるなんてのも『サンダーV』の時期くらいからなもんで。5号機世代の方々は『ジャグ』系みたいな感じばかりだったと思ってもらえれば。

プログラム容量が少ないため、音はシンプルな構成のことが多く。まだ携帯電話の着メロが3音で凄いとかいう時代(笑)。複雑な楽曲は覚えるのにも疲れますし、忘れるのも早いですからね。ゲーム音楽でも、同じように覚えているのは、やはりファミコンのシンプルなもの。プレステ以降も少しはありますけど、それも歌なしの曲ばっかりかな。

初期のファミコンとパチスロの共通点といえば、ハタからは同じように見える単純作業を延々と繰り返すこと。そこに、毎回流れてくれる同じ曲が記憶と繋がって「中毒性」が生まれるのです。『ジャグ』系とハイビスカス系は変わらず頑張ってますが、全体的に見るとこの「中毒性」が忘れ去られている気がしてなりません。

私の記憶に残る曲

最初に、安銭で持ちコインを作ろうと『アステカ』に座りましたが、何となくヒケなさそうな気がしてしまったところで路線転換。「BIGのサウンドを聴きたい台に座ろう」というチョイスにしました。合成1/120と破格なので持ちコインも作りやすい『スーパースターダスト』から。

遅れてきた友人は、その隣の『ビーナスセブン』に。技術介入全盛期のオリンピア楽曲は神です。BIG中の小役ゲームもそうですが、JACゲーム中も1つの楽曲として成り立っています。いや、技術介入全盛期だけじゃないな。『南国育ち』も名曲だ。

続いては『ドギージャム』。BIG中の小役ゲームとBIG終了時のエンディングが絶品。この頃のユニバ系も素晴らしい。『サンダーV』は言わずもがな。『シーシーエンジェル』……いや、JACゲームは『ベイビーエンジェル』のほうが良いかな。あと、『エスプ』。不可思議なエスパーの世界を見事にサウンドで表現されています。

あ、友人は『イプシロン』に移動。これも名曲というか、山佐も技術介入全盛期の曲が凄すぎる。『アラベスク』『M771』あたりが個人的にはお気に入り。今でも着メロにしています(笑)。って、この調子で、好きだった曲を書き続けると終わらなくなりますな。

5号機世代の方も、スロゲーセンに行った時は、昔の液晶非搭載機種を打ってみて……とまでは言いませんが、誰かが当てていたら曲を聴きにいってみてください。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る